フジイのブログ

【SHINee】10分で分かるシャイニ講座

テーマ: SHINee
今月末から始まるツアーのためにシコシコ打った10分で分かるシャイニ講座
特定の個人に読んでもらうために用意したので、主観が多分に含まれています。気をつけてください。



(左からオニュ、テミン、ジョンヒョン、キー、ミノ)

5人組のコンテンポラリーバンド。2008年に『お姉さんはとてもきれい(Replay)』でデビュー。所属事務所は東方神起やスーパージュニアと同じSMエンタテイメント。デビュー曲からも分かるように韓国では『かわいい弟』イメージで売ってます。日本では東方神起の弟分と紹介されている模様。代表曲は2枚目のアルバムの表題曲『LUCIFER』。
チーム名の『SHINee』は『光り輝く人』の意味。
チームカラーは日本ではパールアクアグリーン、韓国ではパールアクアブルー。
ファンクラブ名はSHINee World(略して"しゃをる")。



(左からオニュ、ミノ、テミン、キー、ジョンヒョン)

楽曲の完成度、パフォーマンス、歌唱力、ダンススキルすべて高水準の輝くデキる子達。デビュー当時の弱点だったバラエティ力も芸能界慣れした今ではなかなか。今年の韓国での『イメージの良いアーティストアンケート』で男性アイドルグループでは1位になるほど世間からの印象は良い。



(左からオニュ、テミン、ジョンヒョン、ミノ、キー)

メンバーは上からオニュ、ジョンヒョン、キー、ミノ、テミンの5人。例のごとく5人で同居中。


○オニュ(⌒▽⌒)(23)


『豆腐リーダー』オニュ。リーダー兼リードボーカル。安定感のある歌唱力で声がすごく良い。母の推し。あだ名はリーダー、豆腐(柔らかい声とルックスかららしい)、ジンギ(本名)。ブサカワ。スタイリングによってイモくなったりイケてたりルックスの振れ幅が激しい。リーダーなこともあってトークセンスは抜群。穏やかでマイペースなグループのお父さん的ポジション。練習生時代からテミンの世話をしていたため2人の関係はまるで親子のよう。ただし最近子の親離れが進んでいて2人のヲタには嘆かれている。グループのコンセプトに反して私服がダサく、ファッションテロリストと呼ばれる。ごくたまに洒落オツな格好の時は大体キーがスタイリングをしている。特技はデコピンでクルミを割ること。真顔が怖い。


○ジョンヒョン(`・・´)(23)


『ブリンブリン(キラキラ)』ジョンヒョン。メインボーカル。韓国アイドル界屈指の歌唱力で声の伸びとリズム感がスゴい。あだ名はジョン、恐竜(ルックスから)。公式身長は173だが明らかにもっと低い。ムキムキしてて脱ぎたがるけど正直鍛える前の方が好きだった。口数が多く騒がしく、涙もろい。ナルシストで私服はシンプルながらもオシャレ。なんだかんだ言っても年長者らしく弟達の面倒見は良く、グループのムードメーカー。メンバーで唯一、スーパーモデルとの事務所公認スキャンダルの前科持ち(もう別れた)。スキャンダル後はかなりファンが減ってしまったようで気の毒。最近、交通事故で鼻を折ってしまい、1ヶ月くらい活動をお休みしていて寂しかった。今は復帰して元気そう。

○KEY(`ヮ´)(21)


『万能』KEY。歌、ラップ、ダンス、トーク、何でもデキるハイブリッドオカマ。あだ名はおきぃ様(カマっぽいから)、万能鍵、キボム(本名)。ファショニスタとして有名で、彼のアバンギャルドな空港ファッション(私服)はニュースサイトで度々取り上げられている。気だるそうな喋り方で常にクネクネ。ガールズグループの大半のダンス曲を踊ることが出来る。女性ドルとの2ショットが流れても彼のファンは全く動じない。よく奇抜な髪型になる。同じくオシャレなジョンヒョンとは気が合う。ミノとは性格が正反対で最初は喧嘩が絶えなかったらしいが今は同い年ということもあって仲良し。正直カレカノみたいだわ。メンバーで唯一テミンを甘やかさないお母さんポジション。日本語担当なので日本ではよく喋る。ラッパーのチェミノよりラップが上手いのはナイショ。酔うと脱ぐ、ミノに絡む。

○ミノ(б∀б)(21)


『炎のカリスマ』チェミノ。ビジュアル、ラップ担当。モデル出身でスタイル抜群。Kドル界では「(自分の顔が大きく見えるから)ミノの隣には立つな」と言われているそう。あだ名はチェミノ(フルネーム)、カリスマ(キャッチコピーから)。デビュー当時は他メンに比べて実力が低かったせいで一部のファンからはルックスだけと言われ、グループにも馴染めずに浮いてた…。今はダンスも上手になって元気に大暴れしているが、歌のパートは相変わらず少ないのが彼と彼のファンの悩み。残念な髪型をさせられることが多いのもファンの悩み。最近は俳優としてドラマにもよく出演してる。極度の負けず嫌いでスポーツ万能。運動系のバラエティ番組でのガチっぷりのせいでファンからは「本業は運動選手、アイドルは副業」とよくネタにされる。何事にも全力で暑苦しい。メンバーや事務所の同僚へのボディータッチが激しすぎてゲイ容疑がかかってる。チャンミンによく懐いていて、チャンミンが日本でフライデーされた時の相手が実は髪の長いミノだったなんて事件も。スタイルの良さを全力で殺しにかかる暴力的なファッションセンスで有名。個人的には彼の声が好き。

○テミン(δvδ)(20)


事務所のイチ押し『末っ子』テミン。マンネ兼メインダンサー。Kドルが答えた『自分のグループのメンバーになって欲しいアイドル』ランキング1位。ついでに美容整形師が選んだ『女装ドル』ランキングも1位。ダンススキルはプロ級で、柔らかい関節と軽い体でガシガシ踊る。ホントいつまでも見ていたいくらい。あだ名はテミナ(愛称)、茸(デビュー当時のアレな髪型から)。派手な顔とダンススキルの高さからパフォーマンス中はセンターにいる事が多い。バラエティ番組や事務所内で年上から無条件の愛を受ける超甘やかされマンネ。反面、非常に努力家で最近はボイトレの成果か歌唱力もメキメキ上がっておりKドルの究極体になってきてる。最新曲なんて相変わらずチェミノの声はほとんど聴こえないのにリードボーカルのオニュよりもパートが多かった。勘弁してくれ。今年二十歳になり急にドキュry大人びてきたせいで、ショタ時代からのお姉さんファンは戸惑っている模様。忘れ物番長。ユノによく懐いてる。

☆5人の聴き分け
聴き分けは簡単。
ジョンヒョン:メインボーカルなので一番パートが多い。音域が広く、歌詞よりもメロディに合わせたリズミカルな歌い方でアドリブ、フェイクも担当。喉からCD音源。

オニュ:二番目にパートが多い。安定感のある低い声で分かりやすい。フェイクも時々担当。

キー:高い声で歌詞に合わせて素直に歌う。ラップにも参加。ジョン・オニュ・キーの3人が一応ボーカル組。

テミン:見た目に反した低い声でスタッカートがかかったような歌い方をする。デビュー時はそんなにパートがなかったが最近はどんどん増えてる。

ミノ:ほぼラップパートにしか現れないレアキャラ。パートがジョン→オニュ→キー→テミン→ジョンと回ってえ?となること多し。ラップパートで低い声でドヤドヤと歌いはじめたら彼。



(左からオニュ、ジョンヒョン、テミン、ミノ、キー)

輝くシャイニーをどうぞよろしく!



iPhoneからの投稿
  • 3
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。