ウルペンのドリームピラミッド

胎児を食べる中国人

テーマ: デイリープラネット
6年半ほど前の香港で報じられたニュース。

中国では、普通に食材として胎児を調理して食べる
という凄い内容です。


・港媒:大陸吃嬰 嬰肉做餃子 胎盤煮湯
(香港メディア発: 中國では赤ちゃんを食べる、
赤ちゃんの肉で餃子を造る、胎盤を煮てスープにする)。


<食料品店で普通に売っている胎児の脳の瓶詰め>


<胎児の脳の瓶詰め>


〔引用元〕
・港媒:大陸吃嬰 嬰肉做餃子 胎盤煮湯 【大紀元3月22日訊】
(大紀元2007年3月22日報道 / 簡体字)。


ここ数年来の支那大陸では、
今でも金持ちが赤ん坊の死体を食べて
美顔や身体補強にする習慣が存在している。

壹周刊の最新号によると、
中国广東省地区では新鮮な赤ん坊の胎盤を
美顔や身体補強のための食材にするばかりではなく、
甚だしきはさっさと直接堕胎した嬰児を煮込んで
美容食として賞味している。
そのうえより新鮮な物が欲しいと思う者がぞろぞろいて、
ひどいのになると病院に行列をしてまで購入している。

壹周刊の記者は実際に遼寧省に赴き嬰児の煮込み、
嬰児食、嬰児破棄などの実態を調査したが、
それら全ての情景は凄惨で見るに忍びなかった。

壹周刊の報道によると、
今年2007年1月台灣商人の催した宴の場に招かれた人の中にいた
台灣商人の使用人で遼寧省出身の劉姉さんが
思わず漏らしたところでは、
今でも遼寧省では嬰児死体を食べる習慣が
相変わらずとても多く見られ、最近自分自身の体調も悪いので、
2月の農暦正月には実家に帰へり
嬰児死体を食べて栄養補給にするつもりだとのこと。
このように中国の現状を素直に語りだしたので、
その場に居合わせた台灣商人の夫人たちを、
口も開けないほどビックリさせてしまった。

劉姉さんは更に、現在誰でもみんなお金さえ払えれば
商品(胎児を指す)を買えるが、商品は病院が取り仕切っていて、
尚且つ大勢の人が行列を造り順番待ちをしているので、
病院とコネが有る者はそれだけ“良い商品”にありつけると述べた。
それから良い商品とは普通大き目で肉付きの良い嬰児を指し、
男児を重んじ女児を軽んじることが甚だしいので、
男の嬰児死体のほうが更に極上品とされている。

壹周刊の記者の取材要求により、
劉姉さんは自ら記者を遼寧嬰児死体料理店の場所に連れて行った。
その現場では嬰児死体を煮込んでいるおばさんが
男の嬰児の肉を切り刻んでミンチにして水餃子を作っていたり、
胎盤を切り落としてスープとして煮込んでいるところを見た。
人肉水餃子の外観は普通の水餃子と大差は無く
中身の色が明らかに赤色をしているだけである。
調理の過程でそのおばさんは親切にも
みんなを安心させるために
『これは単なる上等な動物であって怖がることはないよ』と言った。


<胎児のスープ>


食べ終わった後、残った嬰児の残骸は
東北人の慣わしにしたがって山の上に持って行き火葬にするという。
その全過程は人をして怒り心頭に発せさせた。

事実、支那大陸の嬰児死体食や
嬰児のスープを飲むニューズは時折聞くが、
インタネット上でもかつて世に広まった
いわゆる芸術家が嬰児死体を食べることを芸術にしたり、
それを撮影して映画にまでして人々に観賞に供していたことがある。

2003年3月22日、
広西自治区賓陽の人民警察が
広西玉林発安徽省亳州行きの寝台列車車内にて
乗客の旅行バッグに梱包され密輸されていた
28名の嬰児を助け上げた。
年齢は最大でも三ヶ月を超えず全て女の嬰児であった。
多くの嬰児は三四名ずつぎっしりと旅行バッグに
詰め込まれていたために、すでに息も絶え絶えであった。
そのうえこれらの女児は全て誰も引き取りに来る者が無かった。

2004年10月9日午前、
酒泉市粛州区のあるクズ拾いが市の郊外にあるゴミ箱の中に
バラバラに分解された一山の嬰児の死体を発見して吃驚仰天した。
更に驚かされるのは、分解された肢体の中に
あろうことか二つの頭、二つの胴体、四本の腕、六本の脚が有った。
特捜班の現場検証で子供はバラバラにされた後
煮込まれたものであり、棄てられてから
一週間以内であることが明らかになった。

广東省の台灣商人たちのあいだで、
ずっと噂になっている人をして仰天させるのが
更に上を行く潮流すなわち“赤ん坊のスープ”というのがある。
三千四千人民元(48000JY~64000JY)を払えさえすれば、
一碗の六七ヶ月くらいの嬰児を良く煮込んだ
栄養補給スープが食べられる。
生まれて数ヶ月の嬰児に
アカネ・トウジン・シシウド・クコの実・刻みショウガを加え、
鶏がらも加えて八時間煮込むともの凄い強壮、
増血になるというではないか。
そのうえ多くの現場写真がインタネット上に流布していて、
その画面は残酷で見るに忍びないものである。


<胎児をおいしそうに食べる中国人>

中国大陸では毛澤東の文化大革命時代に
盛んに子を産めよ増やせよと奨励したために
人口が激増して多くの社会問題をもたらした。
当時嬰児食の禁止を明文化して規制していたにも関わらず、
却って堕胎を奨励することになり社会道徳は地に落ち、
このように人道は潰滅し人権侵害行為が
たびたび発生するようになってしまったのである。
(注:強制堕胎を施行している支那大陸では
いまでも毎年二千万~三千万柱もの命が失われている)。

3/22/2007 3:16:06 AM @(http://www.dajiyuan.com)
本文网址: http://www.epochtimes.com/gb/7/3/22/n1653742.htm




  • 83
  • コメント4
  • リブログ17

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。