いちご畑よ永遠に(旧 yahoo blog)

橋本聖子高橋大輔にディープキス強要事件 英BBC記者が紹介

テーマ: 政治・経済・社会

『「後任候補」橋本聖子五輪相にキス強要セクハラ疑惑…』英BBC記者が紹介

2021年2月13日 中日スポーツ

 

 

セクハラ騒動。2014年2月の冬季ソチ五輪閉会式後に選手村で開かれた打ち上げパーティーの席で、フィギュアスケート男子の高橋大輔(34)に抱きついてキスを強要したなどと同年8月、写真付きで報じられた。当時は参院議員にして日本スケート連盟の会長。辞任を申し出て慰留された連盟理事会につえをついて激やせした姿で現れたのは記憶に新しい。

 

週刊文春8月28日号では、唇を重ねる2人の姿がグラビアページを飾っている。左手を高橋選手の手としっか

りと絡め、右手は肩に回す。目を閉じている高橋選手と対照的に、橋本氏はうっすらと目を開けて相手の顔を直視しているように見える。

 

撮影されたのは、ソチ五輪が閉幕した今年2月23日の深夜のことだ。文春の記事によると、選手村では打ち上げが行われ、酒が入った橋本氏は次から次へと選手たちに抱きついていき、嫌がる高橋選手にキスをしたという。

 

とある参加者は、高橋選手の番になった時のことを記事の中でこう振り返っている。

「抱擁だけで収まらず、執拗にキスを迫り、首筋に唇を這わせていました。『上司』である団長には逆らえなかったのでしょう。とうとう観念し、キスを受け入れました」

グラビアページには、橋本氏が顔をそむける高橋選手に一方的にキスを迫っているような写真も掲載されている。どうやらこれが「観念」する前ということのようだ。

 

「突然バッと抱きついて、いいじゃない、みたいな感じでキスをし始めたんです。(中略)周りからする突然のことで、本当に意味不明でしたよ」

 「一回、二回とかそういうレベルじゃないですから。何分ぐらいだっただろう。一度始まったら収拾がつかなかった。みんなが見ている前で、もう何回も何回も、何のために?って引くぐらい繰り返し……」

などとも証言している。これがどこまで真実なのかは定かではないが、行為の異様さとともに周囲との温度差を感じさせる内容だ。

 

また記事によれば、橋本氏はキスについて「頑張った息子に、ママのところに来なさい、という思い。最初は嫌がっていたが、その後はそんなことはなかった」と周囲に釈明していたという。

 

 

仏AFP通信などは、引責辞任した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任として、最有力候補は橋本聖子五輪相だと報道。英国BBC放送の大井真理子記者は12日、過去に橋本氏のセクシュアル・ハラスメント疑惑が報じられていたと英語でツイートした。

 

「橋本聖子五輪相が森前会長の後任候補に浮上。2014年はセクハラ疑惑に直面したが、被害者男性がこれを否定したと言う批評家たちもいる」。

 

さらに、14年8月22日の豪紙シドニー・モーニングヘラルドの記事アドレスを添付した。

 同紙によれば、「フィギュアスケート界のアイドル、高橋大輔は、49歳のボスに抱き締められる雑誌(週刊文春)写真でスキャンダルが湧き起こるも、セクハラの犠牲者となったことを否定した」。さらに「13年9月、(当時の)安倍首相による内閣改造でも橋本氏は閣僚候補と報じられた。彼女の台頭は、安倍首相が提唱する女性の登用拡大にぴったりだろう」と皮肉って報じていた。

 

 当時、橋本氏は日本スケート連盟会長で、ソチ五輪日本選手団の団長。同氏は「キスを強制した事実はありません」「選手団の選手や役員は外国の選手などと交流が多く、打ち上げなどでは、ごく自然にハグやキスをすることがあります」などと釈明をしていた。

 

 

“ポスト森”橋本聖子五輪相の黒歴史が中国で報じられる「高橋大輔にキスを強要」

2/12(金) 東スポWeb

 

やっぱり出ました。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日に会長辞任を表明。後任候補として橋本聖子五輪相(56)の名が浮上するなか、懸念材料だったあの写真が、海外で出回ってしまった。

 

12日、中国のニュースサイト「新浪体育」は、「森会長の後任候補は橋本五輪相 かつてイケメンフィギュアスケート選手にキスを強要し、辞職寸前」という記事を掲載した。森会長が組織委員会会長を辞任し、後任要請を一度は受けた日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)も辞退。男女平等の理念実現のため、新会長には女性が求められており、元オリンピアンで橋本氏が最適という関係者のコメントを載せている。

 

 至って普通の記事だが、問題はここから。橋本氏の人物像について「黒歴史がある」と紹介。「スケート連盟会長だった2014年ソチ五輪時に、閉会式後の選手村内でフィギュアスケート選手の高橋大輔にディープキスを強要したことが暴露され、辞任寸前に追い込まれたが最終的にはとどまった」と記載。

 

 どこから入手したのか、問題のキス強要カラー写真2枚付きだ…。

 

 パワハラ、性差別と許されない要素満載の過去と写真が、組織委員会の新会長候補紹介記事として掲載されてしまう恐ろしさ。新会長就任後には中国だけにとどまらない可能性もありなんとも危険度大。新会長選考はどこまでも波乱含みだ。

 

ヤフーコメント

当時、スケート協会の会長の辞職を求めて署名活動があり、確か10万人ぐらい集まったと思うけど、結局辞職しなかった。直後のフィギュアスケート国内大会の表彰式で、平然と出てきた時はどんな神経してるのだろうと呆れたし、辞職を迫らない協会の体質にがっかりした。フィギュアスケートファンでこの方に好感を持つ人は少ないと思います。

 

この人パワハラもそうとうやってる。ソチで惨敗したスピスケ選手がミックスゾーンで「本当にすみません。お金は返しますから」で?だったが後にスケート連盟会長だった橋本が「誰の金で来てると思ってるんだ」と罵倒しての台詞だったとか。
夏五輪のパレードカーには自分も乗って手を振ってご満悦。
柔道でハラスメントおきたときも告発した選手の実名を出せって言っててこの人の認識は森と変わらない。

 

>こんなのが五輪相だったのか…と世界にバレてしまったお粗末さ
「こんなの」が、ついこの間まで日本スケート連盟の会長だったんですよ。
フィギュアファンは皆、この事に長年憤りを感じてきました。
スケ連は選手やファンよりも自民党支持団体の利益を優先させてきました。
アイスクリスタルの親会社のチケット販売会社の利益を優先させ、長年、人気選手の出る試合やショーのチケットはこの組織の会員が繰り返し手に入れ、一般の人にはほぼ渡らないというお粗末さ。
いつかの全日本ではこの組織の会員たちが最前列に陣取り、特定の選手がジャンプを跳ぶ時に奇声を上げ地蔵行為を繰り返したのにスケ連はこれを放置。
橋本さんの後任も2階派の自民党議員で、年末にコロナが拡大する中、全日本の試合とエキシを有観客で、医療インフラが脆弱な長野県で強行しました。
スケ連は自民党のためにあるんじゃない。いい加減にしてほしいです。

 

日本の体育会系は世界的に見たら非常識な人が多すぎるので、国際的な舞台に立たすべきではない。彼らは日本という特殊な場所でのみ通用し、活躍できる人たちなのです。

 

これって、選手村の打ち上げの話でしたよね。セクハラもそうかもしれないけど、イジメと同じで、周りの人たちの悪ノリとか容認?も同等に罪深い。橋本聖子が悪いっていうより、そういう空気を作った、その場にいた全員にも問題があるわけで。その辺の問題意識がないと、同じようなことは永遠に繰り返されます。

東京五輪 世論の8割が開催中止を求める 無観客開催を視野 日本と中国だけの運動会に

橋本聖子氏は「男みたいな性格、ハグ当たり前」自民・竹下氏

丸川珠代 「愚か者」発言で有名な愚か者 五輪相に起用

「橋本聖子新会長」は既定路線だった…“してやったり”官邸介入

森喜朗の五輪利権 橋本聖子たちの森人脈と怪しい財団

森の女性差別発言に海外からも怒りの声 世界標準を知らないムラ社会が日本を後進国へ落とす

  • 13
  • コメントコメントしよう
  • リブログ3

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。