30代独身女のリアル日記

その日暮らしの女。

テーマ: ブログ
わたくし
現在31歳。独身。

社会にでてからもう9年が経とうとしています。

未だに家計簿なんてものが付けられません。

もう付けようともしていません。

社会人なりたてのころは

お母さんに
『家計簿つけなさい!』

って言われてたから

最初の一ページ、何行かは書いたか?

ぐらいのレベルで終わった。。

昔から貯金出来ないし

少しでも貯まったら

ガツンと使っちゃうし

本当にその日暮らしで生きてきたような人間です。



いざという時のために
将来のために
老後のために


一般的な人なら当たり前に考えるであろうそれ


私はこの意識が欠如しています。


将来のこと
老後のこと


全くって言ったら嘘か?

でもそのレベルで

不安や心配がないんです。

ないと言うか 



ま、何とかなるっしょ



この精神がずーっと揺るがない。


それは今まで何とかなったきたからだし


それは周りの人たちの支えや助けがあったからだし、たまたま運が良かっただけかもしれないし


いろいろ理由があるかもしれないけど

本当に

何とかなるって思ったら
何とかなるんです。


と言うか
何とかなってない人はこの世に生きてないんじゃないか?とも思います。


それに
現在31歳。


お陰様で今でも20代前半に見られるんです


何が言いたいかと言うと


私が若く見てもらえる一番の秘訣は


いかに自分に素直に生きるか
ストレスを溜めないか


なんですね。

将来のために
今を犠牲にする
今を我慢する


この生き方してたら

私もっと早いスピードで老けてたと思う。


だって絶対ストレス溜まるやん!
明日死ぬかもしれんのに!
人間いつ死ぬかわからんのに!






ーーーーーーーー


笑われるかもしれない
滑稽かもしれない
いつか
ほら、見てみろ、
いざという時のために備えておかないから
痛い目に遭うんだ

そんなことを言われるかもしれない。


逆に備えをちゃんと出来る人を

私は大尊敬しています。

と言うことは

世の中のほとんどの人ですね。

大尊敬です。

私にはその生き方ができないから。

その日暮らしの生き方しかできないから。



でもね
毎日笑ってるし
毎日幸せだな〜って感じる瞬間たくさんあるし

今までの生き方に後悔してないんです。


人生楽しい!


もっともっとやりたいことはたくさんあるけど



フラフラ生きてきたけど

念願の藤子不二雄ミュージアム行けて
泣きそうなぐらい嬉しかったよ。

想うことは

何でも叶う


‥かもしれない


  • 6
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。