切れ痔と肛門狭窄…手術体験記(ケツの穴の小さい俺な)

痔の手術体験記(切れ痔からの肛門狭窄からのいぼ痔)…ケツの穴が小さい俺な

テーマ: ブログ
このブログは、痔に悩み、痛みに耐えきれず、不安のまま手術を考えてる人に、少しでも気持ち的に楽になれば、背中を押せるキッカケになればいいなぁって
「いい人ぶって書いちゃおうかいっ」
的な感じカキカキするブログです(^ω^)

僕の経験上、痔の種類を検索し、痔の治療法、手術するならどれくらい痛かったのか?術後の痛みどんくらい?術後の痛みがどれくらいで取れる?術後の排便の時の痛みは?
などなど、手術した経験者のナマの声を聞きたいんですよ。
そこから、有利な言葉や内容を探して(例えば術後なんて思ったほど痛くないですよ、とか、全然痛くないですよ、とか)
手術を受ける後押しを探してるんだと思います。

はっきり言って、痔の病院の紹介サイトには、患者さんのナマの声なんて書いてありません。

①痔の種類の説明 → 分かってるがな
②手術の方法 → それってどんだけ痛いん?
③恥ずかしいがらずに当院へ♡  →  心配しなくても、痛くて我慢出来なくなったら、恥ずかしいなんか関係ないがな。

やっぱ、実際に手術を受けた人の体験談が1番分かりやすい。

実際に僕もあらゆるサイトを夜な夜な目をこすりながら検索してました。
周りの人で痔の手術受けた人に話を聞いたり、痔のブログの管理者に直接メールしたりして、いろいろ情報収集しました。

でも、結局の所、手術を受けるか受けないかの決断は自分で決めないといけないのよね。

痔の先生が決める訳ではないんです。

って、これ読んで俺の今までをビビりーキングな俺を知ってる人が聞いたら、おめーが言うなって、突っ込むやろうなぁ。

遅れましたが、僕の痔は切れ痔からの慢性裂肛からの肛門狭窄からの痔核(いぼ痔)からの皮膚弁移動術(Sliding Skin Graft:SSG)の手術…。

ケツの穴が小さい男から、大きくなる手術受けるものです。
って、冗談言ってますが僕もホンマ不安で、ほんと、逃げ出したい…。
今病院のベットに横になって、明日の手術…まぢ逃げたい。
死刑判決が分かってる、前日くらいの勢いで、ブルーです。
健康なお尻の方から見れば、痔ってそんなにシンドイの?
(痔に)なった事ないけー分からんって思われる方がほとんど…。
まぁ、しゃーないね。

ちなみに、痔に至る経歴を。
①高校生の時くらいから切れ痔を繰り返す
②軟膏を塗る
③便を柔らかくする
④中途半端に治る
①油断すると便秘になり切れる
②軟膏を塗る
③便を柔らかくする
④またまた中途半端に治る
以下繰り返し
だんだんと肛門が小さくなってきてる事に気づかない。
肛門小さくなると、そりゃ切れやすくなるわな。
①また切れる
②慢性裂肛となる
③どんどん肛門が小さくなる(肛門狭窄となる)
もう、💩は細いのしか出せない。
少しでも固かったり、大きくなると、すぐに切れる。
……痛くて耐えれない
手術の決意

僕も今まで手術を逃げて来ました。

もう一度言いますね。

の手術を受けるのは自分、決めるのも自分!
長引かせるとホント大変な事にになります。
早めの対応。まずは肛門科へ!営業じゃないよ(笑)

それと俺のナマの声!痛ければ痛い、そんなに痛くなけりゃ痛くない、包み隠さず話します。

それと、俺の皮膚弁移動術は痔の手術の中でも結構痛いって事を念頭に読んでくださいね。



  • 13
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。