Do not pay attention to me

噂の真相…か?(笑)

テーマ: 羽生結弦
新しく買ったテレビくん。
部分削除ができないとか、不要な録画をまとめて削除ができないとか、録画中は編集が出来ないとか、色々不満はありますが(笑)単語登録しておくだけで、何もしなくてもガンガン録画してくれるのには助かっています。

まあ、以前のテレビのようにテレビがピックアップした番組の中から選べればさらにいいんですけど、なぜか削除するしかできないんですよね。
なので、ここしばらく毎日家に帰ればCSテレ朝チャンネルの「レジェンドプログラム」が鬼のように録画されていました。

嬉しいんだか迷惑なんだか(笑)

「羽生」と「フィギュア」で単語登録しているので、将棋もゴルフもオタク系番組も色々録画されています(笑)

毎日削除しないととんでもないことになるので結構大変なんですよ〜



しかし!驚いたことに、今まではCSの番組は専用のHDに録画するしかなかったのに、新しいテレビくんはテレ朝チャンネルの番組もガンガンテレビ本体に録画してくれるのです。

多分、基本パックで見られるチャンネルだけだとは思うんですが、CS専用HDは容量に限りがあるので、これは大変嬉しいですね。

なんてったってダビングできますから
でも、ダビングがチョー遅い。さらに、前のテレビでは必要なかったのに、何故か初期化をしないと録画ができません(笑)

ま、そこは一長一短がありますね


なので、CSでやるアイスショーはほぼ録画できました。

つーか、私が家を出る前からDOIがライブで流れた時は、見たいような見ちゃいけないような、複雑な気分でしたね

ええ、見ませんでしたけどね。



という訳で、結弦くんの名前が放送予定に入った番組はガンガン録画されるので、もちろんなんとかなショーもサンジャポも、その他色々も見ています。

なんとかショーの小塚くんのコメントについて、結弦くんのファンが色々言っているのも目にしましたけど、まあ気持ちは分かりますよ。


でも、あの放送ってライブじゃないんですよね。

なので、小塚くんの発言があれで全てじゃない可能性もあるわけなので、部分的な発言を取り出して怒りを感じるのはただの徒労です。

まあ、どっちにしてもテレビ局のチョイスが悪いんですけどね。
あれはどう見ても、羽生ファンを感情的に煽って話題を大きくしたかったんだろうなというのが見え見えでした。

今の羽生ファンは巨大な勢力になりつつありますが、関西スケ連と一心同体のフジはそこに擦り寄ることができない立場です。

なので反対に、結弦くんを揶揄したり茶化したりすることで何とか話題として持ち上げ、羽生ファンにも視聴してもらおうとしているのです。

番組名を出してツイートしたら思う壺なんですよ。
拡散して欲しいんですから。



小塚くんに対して言えば、彼は結弦くんのことを良くは知らない立場です。

ネットなどで表に出ている情報しか結弦くんのことは知らないでしょうし、私達ファンのように結弦くんの背景まで色々調べているとも思えません。

なので、彼自身「怪我は治っていたが勝つ為に最高難度の構成から落としてきた」と信じていたのかもしれません。

余力があっても敢えて攻撃しなかったW杯の試合と、ギリギリの状況でも敢えて余裕があるように見せていた結弦くんは全く違うのですが、そこを万人に説いて聞かせることは難しいのです。


何年か前、ミノルが結弦くんについて
「カナダに行ってスタミナバリバリ男になった」
と発言していた番組があったんですよ。

すぐに村主さんが
「スケーティングを磨いて体力を使わない滑りを身につけた」
とフォローしてくれたのですが、ああいうのを見て私は、全てのスケート関係者が選手の内情に精通しているわけではないんだなと理解しました。


DOIのパンフで、結弦くんの様子はご家族から小林強化部長を通してスケート連盟に報告が逐一入っていたと書いてありましたが、それはスケート連盟の中でもトップシークレットだったんでしょう。

そして、ファンでもなければ、結弦くんの怪我の回復はまだ30%くらいだったということをわざわざ調べたりしないのです。


ある意味、元スケーターほど現役選手の情報を調べません。

プロ野球やサッカーの元選手の方は、現役を退いた後スポーツコメンテーターとして生きていくために人気競技についてかなり勉強します。

結弦くんの話をふられても「知りません」は言えないからです。

そこは、プロの選手はコメンテーターとしてもプロでいなければ仕事がなくなるからですが、そういう意味ではスケーターはのんびりしたものです。

コメンテーターのプロとしての下準備が足りない方々ばかりです。

まあ、生放送であれを言ったなら「崇ちゃんボケとんのか?」と思うところですが、録画であればフジの編集が入っているのが当たり前ですので、そこはメディア操作に流されないように気をつけなければいけません。


あの、女性コメンテーターの「わざとやってる」発言も、知らない人間ならそう思う人もいっぱいいるだろうね、という程度の話です。

羽生ファンを怒らせたいから、わざとああいった大げさな煽り文句を切り取るのです。

そして、羽生ファンが怒りのツイートでも流せば、してやったりと「ユヅリストを怒らせた」といってそれを引用した記事を書いて2度お金を稼ぐのです。

「ユヅリスト」は羽生ファンを小馬鹿にしている差別用語です。
そんな単語を見かけたら、そういう記事は決してクリックしちゃダメなのです。


女性コメンテーターの方が結弦くんを揶揄した時も、清塚さんが「全然そんなことないよ」と擁護してくれていましたが、一緒に仕事をした一流の方は皆さん結弦くんの凄さを熱く語ってくれます。

それが全てなんです。

会ったこともない人間に何を言われようと、そんな言葉に怒りを感じる必要はありません。
私達は、清塚信也さんのような方の言葉を喜び、感謝をしてそれを拡散すればいいのです。


というか、あの番組、清塚さんがいなければ今頃悲惨なことになっていましたよね?(笑)




最近、なんだか色々なデマや噂で結弦くんのファンが殺気立っているようです。

つい最近目にしたのは、結弦くんは震災後中京のリンクをイジワルされて使わせてもらえなかったという話と、結弦くんの国民栄誉賞のお祝いコメントをスケ連がHPに載せないのがけしからんという話です。

国民栄誉賞のコメントについては、5月に受賞した時に橋本会長がスケ連を代表してコメントを出していますので、正式コメントは出ています。
7/2は授賞「式」であって、国民栄誉賞の正式決定は5月ですから、特に問題はありません。

それに、あの賞はスケ連の手柄ですか?
違いますよね?

あれは、羽生結弦という個人が受賞したのですから、スケ連が自分たちの手柄のようにお祝いする方がおかしな話でしょう(笑)

結弦くんは、その他の選手と同じ、一人のフィギュアスケーターです。
スケート連盟が結弦くんを全面バックアップして取らせてくれた賞ではないんです。

HPのトップページに載せて、ことあるごとに結弦くんの国民栄誉賞をアピールされる方が私は気持ち悪いですよ(笑)


あれは結弦くんとその周りの方々が取った賞。
五輪2連覇だけではなく、被災地復興の尽力も評価されて取った賞です。

スケートだけで取った賞ではないのですから、皆さん個人でお祝いコメントをすればいいんですよ。
アメリカ大使も個人でお祝いしてくれました。
アメリカを代表して祝ってくれたわけじゃないんですよ。

そんなことでスケ連にクレームを入れるなんて、結弦くんの功績に泥を塗るような行為ですよね?
祝うという行為は強要するものではないので、この件に関しては速やかにおさめて欲しいなと思います。



あと、なんで今頃なのか分かりませんが、震災後に結弦くんは中京のリンクをイジワルされて使えなかったというデマが流されているようです。

中京のリンクを選ばなかったのは、選んだら拠点を名古屋に移さざるを得なくなるからでしょう。
移動も滞在もタダじゃないんですよ。
そのお金は誰が出すんですか?

実際、震災の後、全国のリンクから声をかけてもらったんですよね?
無良くんも、いち早く「自分のところにこないか?」と声をかけてくれたそうです。

それでも結弦くんが横浜を拠点にアイスショーで全国を回るほうを選んだのは、やはり結弦くんが言っていたように、アイスショーなら移動と宿泊のお金を負担してもらえたから、でしょう。

四大陸でメダルを取ったばかりとは言え、アイスショーのギャラなんてたかが知れていたと思うんです。
それでも、誰かに甘え負担をかけて西日本で練習するより、アイスショーで演技をしながら自力で練習場所を確保する方を結弦くんは選んだんですよね?

後日、あの暗い照明と狭いリンクで4回転を跳んでいたんだから、試合に絶対の自信がついたというようなことも言っていましたよね?

羽生結弦という男はそういう男です。

厳しいからと言って誰かに寄り掛かったり甘えたりしないんですよ。
自力で困難を切り開いていくんですよ。

イジメられたとかなんとか低俗なことを言って、結弦くんの努力や乗り越えてきたものを汚さないで欲しいですよね?


今ここで中京を持ち出してくるあたり、ショーマと結弦くんのファンの対立を煽りたい、いわゆる「モメサ」の方々が暴れだしているのだと思いますが、そういった言葉に踊らされてはいけません。

そりゃあ、結弦くんは関大閥でも中京閥でもないので、移籍して中に入ってしまわない限りリンクを借りるだけでは肩身の狭い思いはしたかもしれません。

でも、だからこそ全員の練習の前を融通して使わせてもらえたアイスショーを選んだのだとしたら、それこそが慧眼というやつなんじゃないでしょうか。

怒りを掻き立てるようなデマを流してショーマファンと羽生ファンを争わせて楽しむなんて、真央ちゃんとキムヨナの時代から使い古されたモメサの手法ですよね?
そうやって怒りから闇に落ちていく人を見て、喜んでいる人がいるということは知っておくべきだと思います。

とにかく、結弦くんは誰かを恨んだりしていません。
反対に、お世話になった人すべてに感謝をしています。

私は、そういった結弦くんを尊敬してファンになっていますので、結弦くんの乗り越えてきたものすべてに感謝をしています。

結弦くんのファンであれば、そういった結弦くんの行動や言動を常にリスペクトし、結弦くんの名前に泥を塗らないよう心掛けたいですね。



以上
  • 698
  • コメント20
  • リブログ2

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログの読者が興味のあるブログ

データがありませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。