自然 (じねん)

神聖幾何学とフォトン・エネルギー

テーマ: ブログ
ここ1年ばかり、ずっとフォトン・エネルギーについて、様々な文献を読み、折あるごとに話をしてきました。



DNA が、電磁波である光子を放出することを、最初に発見したのは、ロシアの生物学者、アレキサンダー・グルビッチでした。1923年のことです。かれは、それにバイオ・フォトンと名付けました。



それから50年の歳月を経、ドイツの科学者フリッツ・アルバート・ホップ博士が、19,2キロ離れた場所からろうそくの炎を見ることのできる精密な光学機械を発明し、DNA細胞の放出するバイオ・フォトンについて、詳細な研究がなされるようになりました。



1984年、ロシアの科学者、ピーター・ガリエフ博士は、一つのDNA分子を微小なクォーツの容器に収めると、その分子は、部屋の全てのフォトンを集める、ということを発見します。



これは、旧来の科学からすれば、とんでもない話なのです。



フォトンは、光の粒子です。



旧来の科学では、光がねじ曲がるのは、ブラック ホールの周りに発生する重力によってのみ可能である、とされていたからです。



DNA分子が、マイクロ重力を生んでいる。



観察する限り、そうに違いないのです。



でも科学的に証明できない。



私は、こう考えています。



この現象界に存在するものは、ミクロ的なものからマクロ的なものまで、すべて神聖幾何学的な構造を持っています。DNA分子もそうです。その神聖幾何学こそが、重力を生んでいるのではないか、と思うのです。



しかし、


誰もそんなことは言っていない❗️




これは、おそらく科学的に証明することは、ひじょうに難しい、と思います。



でも、



そうだと、思うんです❗️



人もまた、ミクロ的な構造とマクロ的な構造を合わせ持っています。そこには、神聖幾何学的な構造が、あります。



しかし、人のからだにフォトンが吸収されたり放出される要因は、物理的なものばかりではありません。



ストレスを感じたり、悲しんだりしていれば、フォトンは、放出されます。



逆にワクワクしたり、楽しんでいれば、フォトンは、入ってくるのです。



フォトンに満ちたからだになれば、人は健康で幸せでいられるのです。



人を包んでいる神聖幾何学であるマカバ、これを活性化することができれば、人は、大量のフォトンを取り込むことができるようになるのです。






これから起こる地球の大変容に、備えて、私はこれをやらされている、そんな気がしてならないのです。



「ライトボディ活性化プログラム」




名古屋での開催は、いよいよ明日です。


お申し込みと詳細はこちら。

  • 67
  • コメントコメントしよう
  • リブログ2

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログのフォロワーが興味のあるブログ

データがありませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。