押上ファースト歯科の毎日、歯ッピーライフ

生まれてくる赤ちゃんのためにもお口のケアを大切に

テーマ: ブログ

妊娠初期

妊娠初期は口のトラブルが増えやすい時期です。女性ホルモンが変化することで口の中の状態は、正常に保つ唾液の分泌が低下してしまい、むし歯、口臭、妊娠性歯肉炎になりやすい時期です。これらを予防するのはフッ素配合歯磨剤が効果的です。

妊娠性歯肉炎

妊娠時特有のホルモンバランスの変化により一時的に炎症が増強された状態のことです。出産を終えホルモンバランスが回復すると症状は改善します。


妊娠中期

間食などの「食べる回数」が増えやすい時期です。妊娠中は唾液量が減ることにより自浄作用が弱まるため、食後の歯磨きが重要です。この時期は、体調も安定しているため、歯科治療はこの時期が適しています。


妊娠後期

赤ちゃんのむし歯はママの影響が大きく仕事や家事で忙しくなり、つい歯磨きをおろそかにしてしまいがちな時期です。

ママの口が不健康だと赤ちゃんにも影響があります。生まれたばかりの赤ちゃんの口には、むし歯の原因となる細菌はいませんが、むし歯になる赤ちゃんもいます。原因は、パパやママが使ったスプーンで赤ちゃんに食べさせたり、噛み砕いたごはんをあげたり、またキスしたりすることによって、赤ちゃんにうつしてしまうからです。間接キスや口移しなど、スキンシップを取ることが多いママやパパは赤ちゃんのためにも、日々の歯磨きを気を付けましょう

  • 2
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログの読者が興味のあるブログ

データがありませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。