魚ママの★Have a nice fish★  

魚とパラサイトの奇妙な関係?!

テーマ: 魚関係

※この記事には寄生虫の画像が掲載されています。

苦手な方は、ご遠慮ください。

 

 

ギャ~!

気持ち悪い…

 

魚釣りをしていたら、

一度は寄生虫に出会ったことがあるのではないでしょうか

今回は、私が実際に出会ったものを中心にご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラサイトと呼ばれる寄生生物は、

宿主となる体内での栄養を奪うなどして生息している生物の事をいいます

 

 

 

 

全部で約7万種いるうち、人間に寄生するものは約200種、

更に日本で見られるのは約100種、水産物由来の寄生虫は約十数種います

 

 

 

 

寄生虫は本来寄生する宿主が決まっていて、

その生物の体内で生活する様に特化しているので

他の生物の体内では基本的に成熟はできず、死んでしまう事がほとんどです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚の寄生虫の中で一番有名なアニサキスを例に、

寄生虫の生息サイクルを説明してみましょう

 

彼らの本来の宿主はクジラかイルカです

宿主の内臓にいたアニサキスが産んだ卵がフンと一緒に体外に排出されると、

それをオキアミなどの動物プランクトンが食べ、

その体内で幼虫になり、

更にそのプランクトンを食べた魚やイカの体内でさらに成長をしていき

その魚やイカを食べて、最終的にイルカやクジラに寄生する…という感じで

グルグルまわって元サヤに戻るサイクルがあります

 

 

 

しかし、

これを人間が食べた場合、問題が起こります…

 

 

中間宿主である魚を人が食べても人間の体内では生きていられないので、

食べられたアニサキスは出口を求めて胃や腸を突き破って外へ出ようと暴れます

これが、しばしばニュースにもなる激痛の原因という訳です

 

↓胃に食い込んで暴れるアニサキス↓

 

アニサキスは、

加熱するかマイナス20度で24時間冷凍する事で死にますが、

塩や酢などでは殺せないので、

シメサバなどにしたから安心して生で食べられるという訳ではありませんので

くれぐれもご注意を

 

人間に害の無い寄生虫もいくつかご紹介

 

 

 

まず、タイの口の中に結構な高確率で入っている

大きなダンゴムシみたいな姿の

タイノエ

 

タイノエは、

オスとメスがペアで入っていることが多いです↓

続いて、

サヨリのエラにいるサヨリヤドリムシ

左右のエラに1匹ずつ入っている事が多いです。

苦しくないのかな(笑)??


 

続いて、スズキやタイの尾鰭にくっついている

ウオノコバン

イサキやカサゴ・メバルなどの卵巣に

多いと100匹位ぎっしり入っている赤黒いミミズみたいな

フィロメトラ

 

ブリの身(特に血合い)の中にいる

ピンク色の長いミミズみたいなブリ糸状虫

 

カニの甲羅についている

黒い粒みたいなカニビル

などなど、

よ~く見ないと気付かない物も多いので、

結構知らずに出会っている方もいるかもしれません

 

実は、身近にこんなにも沢山いたパラサイト達


 

 

その不思議な世界と魚を通じて出会う事が出来たならば、

ぜひその生態に興味を持ってみてください

 

できれば、

食べてしまう前に…()!!

 

 

 

 

MAMI☆

  • 35
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。