西野亮廣ブログ

Powered by Ameba

71,347 フォロワー


3.11に向けて、被災地支援を考える

テーマ: ブログ
『レターポット』の利益は、当然、サービスの運転資金やスタッフさんのお給料や僕の風俗代にまわされるのですが、それでも少し余れば、
たとえば昨日の『リベンジ成人式』のようなことを“レターポットの広告として”やっていこうと考えております。

去年末の開発段階から、レターポットを絡めた被災地支援については具体的に話し合っていて、
被災地を永続的に支援するには、人の善意(ボランティア)におんぶに抱っこするのではなくて、
支援することでスタッフが生活していける環境を作らないと、最終的には金銭面での体力的限界がきて白旗をあげることになってしまうので、ビジネスとして支援をするモデルを作らなきゃいけないねぇという話になりました。

ちなみに、『リベンジ成人式』の費用は、「ウェブCMを作るよりも、具体的に人を助けた方が広告効果がある」という僕の判断で、広告費を全額ブチ込むことにしました。
売名っす。

売名によって新成人が救われて、
売名によってスタッフが生活していけて、
売名によって誰にも迷惑をかけていないのですが、何か問題があれば聞かせてください。
すぐに改善します。


被災地支援の話に戻ります。

東日本大震災から間もなく7年。
被災地の現状を伝える報道はめっきり減り、噂レベルで「震災の爪痕はまだ残っている」と耳にしますが、僕らは、どこにどれだけの爪痕が残っているのかを知りません。
あまりにも情報不足です。

正確な情報を知らない僕らは、自分達の判断で的確な支援をすることができません。
赤十字に寄付することが支援になるのか、
どこかの支援団体に寄付することが支援になるのか、
それとも、もう『消費』の段階に入っていて、東北の呑み屋で酒を呑んで、現地にお金を落とすことが支援になるのか?

みっともない話ですが、僕たちはその答えを知りません。
一つ言えることは、被災地について考えることを辞めることが、被災地支援から最も離れた行動であるということ。

レターポットの運営として、次は東日本の支援をしたいと考えています。
相変わらずウェブCMは出さず、サービスの広告費を全額支援にブチ込みます。

そこで、今、本当に必要な支援を知りたいです。
もし余裕があれば、運営の公式ポットまで御意見ください。
全員が見れる環境にしています
(こちら↓)
公式ポット


宜しくお願い致します。



























最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログの人気トピックス

データが取得できませんでした。

このブログのフォロワーが興味のあるブログ

データがありませんでした。

このブログのフォロワーが読んでいる記事

データが取得できませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。