黒と白の世界

川崎国「<丶`∀´>ふるさと納税のお返しは"キムチ"ニダよ♡」

テーマ: 気になるニュース

1: 2020/07/05(日) 17:33:53.49 ID:SolY3lfM0 BE:844628612-PLT(14990).net

‪川崎市、税収減が実質全国最多…流出防止へ ふるさと納税てこ入れ
https://www.sankei.com/region/news/200704/rgn2007040003-n1.html

応援したい自治体に任意で寄付ができる「ふるさと納税」をめぐり、長らく静観を決め込んできた川崎市が寄付獲得と流出防止に向け、てこ入れを始めた。
市民が各地に寄付したことで税収減は56億円(令和元年度)に達し、実質的に全国最多。「行政サービスの低下につながりかねない」と危機感を強めている。

「ふるさと納税によって流出している市税は、川崎市民のために使われる貴重な財源です」。昨年11月、JR南武線車内に掲示した市のつり広告だ。
「切実だ」と理解を示す声が出た一方で、ほかの自治体への寄付自粛を求めるような内容は一部に波紋も広げた。

 ◆充実の170品掲載
ふるさと納税の仲介サイトに、市のページを開設するなど寄付の新規獲得も強化した。記念品程度だった返礼品を抜本的に見直し、
プロサッカー・明治安田生命J1リーグの川崎フロンターレのユニホームや、工場の夜景ツアーを追加。今や約170品を掲載する充実ぶりだ。
全国のふるさと納税寄付総額は平成20~26年度に77億~389億円と伸び悩んでいた。
だが、菅義偉官房長官が主導して27年度に制度が拡充されると、総額は5127億円(30年度)まで一気に拡大。寄付した人は居住地に納める住民税が軽減され、人口が150万人を超える川崎市の税収減は、28年度の12億円から5倍ほどに膨らんでいる。
税収減だけでみれば令和元年度は横浜、名古屋、大阪の3市の方が多い。ただ、いずれも地方交付税を受け取っており、
税収が減った分の多くは、国から穴埋めされる仕組みだ。川崎市は不交付団体で、穴埋めがされず、実質的な影響という点では全国ワーストといえる。
画像 川崎市の返礼品「キムチセット」

 


【定期便】「おつけもの慶 kei」川崎名物キムチと季節のキムチセット
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/14130/4717389

 

◆毎月お届け(全12回)◆
白菜キムチ(株付き)500gX1
カクテキ400gX1
かぶキムチ300gX1
季節のキムチ250gX1

※季節のキムチは、毎月季節ごとのキムチをお届け致します。
消費期限 製造日より10日間(季節のキムチは7日間の場合あり)

毎月1.4kgのキムチが届くけど消費期限が7~10日でワロタw

20万でこれって完全にぼったくってるよね。

  • 3
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。