本部流のブログ

山根流の正統伝系について

テーマ: 空手の歴史

Facebookで山根流棒術の伝系について質問があって簡単な回答をさせていただいたが、改めてブログでもこのことについて書いておこうと思う。

 

山根流は沖縄では明確に「家元(宗家)」を名乗った世襲流派である。下記の比嘉清徳先生に出された山根流の師範免許でも「家元 知念正美」の署名がある。

 

伊舎堂博和『神道流夢幻の術―武聖比嘉清徳の神技』文芸社、2004年より

 

したがって、山根流の家元は知念家の子孫の方しか継承できないのである。いま知念家の後裔は棒術はされていないと去年沖縄空手会館のスタッフの方からうかがったが、それでも知念家以外の者が無断で家元を名乗ることはできないはずである。

 

日本の武道流派でも、子孫が武術を稽古していなくても宗家を継承していて、実技指導は師範が行うという例もあると聞く。他家の者が無断で宗家を僭称することはできない。

 

また、山根流の師範免許は比嘉清徳先生以外には出されていない。したがって、山根流の正統な伝系は現在は比嘉先生の子息の比嘉清彦先生が館長を務める武芸館のみということになる。

 

 

  • 12
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログのフォロワーが興味のあるブログ

データがありませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。