あまぞらからのひとしずく。

自分は光をにぎっている

テーマ: 光の詩

自分は光をにぎっている


いまもいまとてにぎっている


而(しか)もをりをりは考へる


此の掌(てのひら)をあけてみたら


からっぽではあるまいか


からっぽであったらどうしよう


けれど自分はにぎっている


いよいよしっかり握るのだ


あんな烈しい暴風(あらし)の中で


掴んだひかりだ


はなすものか


どんなことがあっても


おゝ石になれ、拳


此の生きのくるしみ


くるしければくるしいほ


自分は光をにぎりしめる


山村暮鳥「自分は光をにぎつている」



「山村暮鳥詩集」所収



この手の中、光あると信じて握りしめ決して開きはしない。

種明かしのときなんて、いらない。

確かめないで言い聞かせる。

・・・わたしは光をにぎっている・・?



山村暮鳥 やまむらぼちょう

詩人、聖職者。

大正13年、肺結核のため亡くなる。享年40歳。




山村暮鳥詩集 (現代詩文庫)/山村 暮鳥
¥1,223
Amazon.co.jp


  • いいね!しよう
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。