ジャスミンK のブログ

Covid-19はウイルスとして存在するのではなく…

テーマ: ブログ




シンガポール保健省 : 世界で初めてCOVID-19遺体の解剖(検死)を行った国。ウイルスではなく放射線にさらされたバクテリアである





黄色いベストと日本・世界革命より




シンガポール保健省:シンガポールは世界で初めてCOVID-19遺体の解剖(検死)を行った国となった。 徹底した調査の結果、Covid-19はウイルスとして存在するのではなく、放射線に露出され、血液中で凝固して人を死亡させる細菌として存在することが分かった。 COVID-19病は人間の血液凝固につながる血栓を誘発し、静脈に血液が凝固し、脳と心臓、肺が酸素を受けられないため呼吸が困難になり、人が早く死亡することが分かった。
呼吸力不足の原因を究明するため、シンガポールの医師らは世界保健機関(WHO)の議定書に耳を傾けず、COVID-19に対する解剖を行った。 医師らが腕や足など体の他の部位を開いて詳しく調べた結果、血管が膨張し、血栓がいっぱいになり、血流が妨げられ、体内の酸素の流れが減少して患者が死亡することが分かった。 この研究を知ったシンガポール保健省は直ちにCovid-19治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリンを投与した。 患者は100mgとイムロマックを飲み始めました。 その結果、患者は回復し始め、健康も良くなり始めた。 シンガポール保健省は1日で1万4000人余りの患者を避難させ、帰宅させた。
シンガポールの医師たちは科学的発見期間後、この病気が世界的な詐欺行為だったとし、「血管内凝固(血栓)と治療方法である抗生剤錠剤、抗炎症剤、抗凝固剤(アスピリン)服用に過ぎない」と説明した。 これは病気が治る可能性があることを示している. シンガポールの他の科学者によると、換気扇と集中治療室(ICU)は必要なかった。 この目的のための議定書はシンガポールですでに出版されている。 中国はすでにこれを知っているが、報告書を発表したことはない。
家族、隣人、知人、友人、同僚とこの情報を共有し、Covid-19への恐怖を払拭し、これがウイルスではなく放射線にさらされたバクテリアであることを認識できるようにします。 免疫力が非常に低い人だけが注意しなければならない。 この放射線はまた炎症と低酸素症を引き起こす。 被害者はアスピリン100mgとエプロンニクまたはパラセタモール650mgを服用しなければならない。



シンガポール保健省 : 世界で初めてCOVID-19遺体の解剖(検死)を行った国。ウイルスではなく放射線にさらされたバクテリアである、 : 黄色いベストと日本・世界革命シンガポール保健省:シンガポールは世界で初めてCOVID-19遺体の解剖(検死)を行った国となった。 徹底した調査の結果、Covid-19はウイルスとして存在するのではなく、放射線に露出され、血液中で凝固して人を死亡させる細菌として存在することが分かった。 COVID-19病は人間のkaikaku33.blog.jp





  • 42
  • コメント2
  • リブログ2

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。