Journalist GalaxyUnion

ファイザー社の秘密契約書「ワクチン効果なし、接種による死亡責任なしを明記」が流出

テーマ: 人口削減計画

https://tapnewswire.com/2021/07/pfizerleak-exposing-the-pfizer-manufacturing-and-supply-agreement/


ファイザー社の世界規模で交わされたワクチン購入契約書

「ワクチン効果が無い事を明記し、接種による死亡責任を国家として法的に問わない事を認める」秘密の購入契約書が流出!

PFIZERLEAK: EXPOSING THE PFIZER MANUFACTURING AND SUPPLY AGREEMENT.
 Tue 3:55 pm +00:00, 27 Jul 2021  
posted by Weaver


ファイザーは、国際的なCOVID19コロナワクチン販売契約の機密保持に、
全力で取り組んできました。
幸運なことに、私はその一つを手に入れることができました。


Background:
Pfizer has been extremely aggressive in trying to protect the details of their international COVID19 vaccine agreements.
Luckily, I’ve managed to get one.


契約書を作成するコストは非常に高く、時間もかかる(法的審査期)ため、ファイザーは他の企業と同様に、標準化された契約書のテンプレート(基本内容文としての雛形)を作成し、各国で微調整をした上で、購入者と契約書を交わしています。

Because the cost of developing contracts is very high and time consuming (legal review cycles), Pfizer, like all corporations, develop a standardized agreement template and use these agreements with relatively minor adjustments in different countries.

これらの契約は機密事項ですが、幸運にもある国では契約文書の保護が十分ではなかったので、なんとかコピーを手に入れることができました。

ファイザーがこれらの販売契約の詳細を隠すため、全力で隠蔽していたのには、

それなりの理由がある事が、下記内容文を見れば分かります。

These agreements are confidential, but luckily one country did not protect the contract document well enough, so I managed to get a hold of a copy.
As you are about to see, there is a good reason why Pfizer was fighting to hide the details of these contracts.


まず、製品について説明します。
この契約は、COVID19コロナとその突然変異のワクチンの製造だけでなく、「そのようなワクチンの投与に使用される、またはその使用や効果を高めるためのあらゆる装置、技術、製品」についても対象となっています。

なぜ「イベルメクチン」 を入手困難にしたのかというと、各国がファイザーと結んだ契約では、COVID19コロナを治療する薬が見つかってそれに切り替えようとしても、購入契約を無効にすることはできない内容からです。


First, let’s talk about the product:
The agreement not only covers manufacturing of vaccines for COVID19 and its mutations, but also for “any device, technology, or product used in the administration of or to enhance the use or effect of, such vaccine”.
If you were wondering why #Ivermectin was suppressed, well, it is because the agreement that countries had with Pfizer does not allow them to escape their contract, which states that even if a drug will be found to treat COVID19 the contract cannot be voided.


製品の供給

"ファイザー社は、納品予定日に沿った用量の納品ができなかった場合、いかなる責任も負わないものとします...また、そのような障害は、購入者に本製品の数量の注文を取り消す権利を与えるものではありません。"

"ファイザーは、ファイザーが決定する原則に基づいて、購入者に支払うべき契約用量および納品スケジュールの数の必要な調整を決定するものとし、購入者はいかなる修正にも同意するものとします。"


Supplying the product:
“Pfizer shall have no liability for any failure to deliver doses in accordance with any estimated delivery dates… nor shall any such failure give Purchaser any right to cancel orders for any quantities of Product.”
“Pfizer shall decide on necessary adjustments to the number of Contracted Doses and Delivery Schedule due to the Purchaser … based on principles to be determined by Pfizer … Purchaser shall be deemed to agree to any revision.”


はっきりさせておきましょう。
「購入者はここに、法律上、衡平法上、またはその他の方法で、以下に起因または関連する、ファイザーによる契約用量の納入予定表に従った納入の失敗から生じる、すべての権利および救済手段を放棄します。

もう一度言います。"いかなる状況においても、ファイザーは納品遅延のペナルティーの対象とはならず、またその責任も負いません。"


何があっても返品はできません。

"ファイザーは、いかなる状況においても、製品(またはいかなる用量)の返品を受け付けません...いかなる状況においても、製品の返品はできません。"



Just to make it clear:
“Purchaser hereby waives all rights and remedies that it may have at Law, in equity or otherwise, arising from or relating to:.. any failure by Pfizer to deliver the Contracted Doses in accordance with the Delivery Schedule.”
Once again: “Under no circumstances will Pfizer be subject to or liable for any late delivery penalties.”
You can’t return the product, no matter what:
“Pfizer will not, in any circumstances, accept any returns of Product (or any dose)…no Product returns may take place under any circumstances.”



破損した商品。
リコールを受ける唯一の方法は、お客様がcGMP違反を証明できる場合です。"明確にするために、購入者は、製品が仕様またはcGMPに実質的に適合していない場合を除き、サービスクレームに基づいて製品を拒否する権利を持たないものとします。"
この契約は、州のいかなる現地法にも優先します。


長期的な効果と効率

"購入者は...本ワクチンの長期的な効果および効能は現在知られておらず、また、現在知られていない本ワクチンの副作用が存在する可能性があることを認める。"


Damaged goods:
THE ONLY WAY to get a recall is if you can prove cGMP fault.”For clarity, Purchaser shall not be entitled to reject any Product based on service complaints unless a Product does not materially conform to Specifications or cGMP.”
This agreement is above any local law of the state.
Long term effects and efficiency:
“Purchaser acknowledges…the long-term effects and efficacy of the Vaccine are not currently known and that there may be adverse effects of the Vaccine that are not currently known.”



原因による解約。
解約の可能性についての条項がありますが、実際には、これまで見てきたように、買い手には重大な違反とみなされるものはほとんどありませんが、ファイザーは、お金を得られない場合やそう判断した場合には、簡単にそうすることができます。
あなたは、ファイザー社が承認を得たかどうか(それはEU以前の承認でした)、あるいは本契約書に記載されている推定納入日に従って契約用量を納入したかどうかにかかわらず、あなたがどれだけ消費したかにかかわらず、あなたが注文した用量の代金をファイザー社に支払わなければなりません。


Termination for cause:
There are clauses about termination possibility, but in fact, as you saw so far, the buyer has almost nothing that can be considered a material breach, while Pfizer can easily do so if they don’t get their money or if they deem so.
You must pay Pfizer for the dosages you ordered, no matter how much you consumed, regardless if Pfizer got it approved (it was a pre-EU approval) or if they delivered the Contracted Doses in accordance with any estimated delivery dates set forth herein.



購入者はここに、ファイザー社、バイオンテック社(および)その関連会社を、あらゆる訴訟、請求、要求、損失、損害、負債、和解、罰則、罰金、費用および経費から補償し、防御し、ファイザー社、バイオンテック社に害を及ぼさないことに同意するものとします。


“Purchaser hereby agrees to indemnify, DEFEND AND HOLD HARMLESS Pfizer, BioNTech (and) their Affiliates…from and against any and all suits, claims, actions, demands, losses, damages, liabilities, settlements, penalties, fines, costs and expenses…”


国家は、ファイザー社を弁護しなければならない。
「(ファイザー)は、補償を求める損失を購入者に通知する...かかる通知を受けて、購入者は速やかに(ファイザー)に代わってかかる補償対象請求の防御を指揮・管理するものとする」。
ただし、"ファイザーは、かかる防御の管理を引き受ける権利を有し...購入者は、発生した合理的な弁護士費用およびその他の経費を含むがこれに限定されない、すべての損失を支払うものとする。"



The state must defend Pfizer:
“(Pfizer) shall notify Purchaser of Losses for which it is seeking indemnification… Upon such notification, Purchaser shall promptly assume conduct and control of the defense of such Indemnified Claims on behalf of (Pfizer)”
However, “Pfizer shall have the right to assume control of such defense… and Purchaser shall pay all Losses, including, without limitation, the reasonable attorneys’ fees and other expenses incurred.”


ファイザーは、国がすべての費用を負担するようにしています。
「賠償請求に関連して被補償者が負担した費用および経費(弁護士の報酬および支出を含む)は、四半期ごとに購入者が払い戻すものとします。


Pfizer is making sure the country will pay for everything:
“Costs and expenses, including… fees and disbursements of counsel, incurred by the Indemnitee(s) in connection with any Indemnified Claim shall be reimbursed on a quarterly basis by Purchaser”


購入者は免責の権利を放棄し、ファイザー社への損害賠償の支払い義務を制限する可能性のある法律を放棄します。
※ ニューヨークの裁判所は、その国が契約に違反した場合、その国の国際的な資産を保有する能力を持っています。

供給の条件。
購入者は、請求およびすべての損失に対する責任からの保護をファイザーに提供しなければならず、法定または規制上の要件を介してそれを実施しなければならず、そのような努力の十分性はファイザーの独自の裁量に委ねられます。



The Purchaser waives any right for immunity, it give up any law that might cap the obligation to pay damages to Pfizer.
Comment: The court is in NY has the capacity to hold international assets of a country if the country failed the contract.
Condition to supply:
Purchaser must provide Pfizer protection from liability for claims and all Losses, must implement it via statutory or regulatory requirements, and the sufficiency of such efforts shall be in Pfizer’s sole discretion.



守秘義務 1:
"各受領者は、開示当事者の秘密情報の機密性および専有性を、同種の自己の秘密情報または専有情報を保持するのと少なくとも同程度の注意を払って保護しなければならない。"


“Each Recipient shall safeguard the confidential and proprietary nature of the Disclosing Party’s Confidential Information with at least the same degree of care as it holds its own confidential or proprietary information of like kind”


守秘義務 2:
受領者は、本契約に基づく義務を果たすために当該機密情報を知る必要がある代表者にのみ、機密情報を開示するものとします。


Confidentiality, part 2:
“Recipient shall disclose Confidential Information only to such of its Representatives who have a need to know such Confidential Information to fulfill its obligations under this Agreement”


守秘義務 3:
契約書は10年間、秘密を守らなければならない。
なぜイスラエルで30yrsなのか?"この第10条(秘密情報)の規定は、本契約の終了または満了後も10年間存続する。"


Confidentiality, part 3:
The contract must be kept confidential for 10 years.
Why 30yrs in Israel?”The provisions of this Section 10 (Confidential Information) shall survive the termination or expiration of the this Agreement for a period of ten (10) years”


仲裁および準拠法

仲裁は、国際商工会議所の仲裁規則に従い、米国ニューヨーク州の法律に準拠して、ニューヨークで行われる必要があります


Arbitration & governing laws:
Arbitration must be done in New York, in according to Rules of Arbitration of the International Chamber of Commerce, govern by the laws of the State of New York, USA.


契約を保護するために特定の省庁が割り当てられていた場合、それらは継続しなければならない。
「他の当事者の書面による事前の同意なしに行われた権利の譲渡または義務の委任もしくは再委託の試みは無効であり、効果がないものとします。


If specific ministry was assigned to safeguard the contract they must continue to so:
“…attempted assignment of rights or delegation or subcontracting of duties without the required prior written consent of the other Parties shall be void and ineffective.”


最後に、契約書の中で重要な要素をすべてまとめた後、いよいよ契約書が流出した国の名前を発表します。

それは......アルバニア!


FINALLY, after I finished to go over the contract summarizing all the elements in it that are important, it is time to reveal the name of the country from which it was leaked.
And the winner is … Albania!


KONTRATEN-E-PLOTE(コントラテン-エプロート)」と呼ばれる、「契約書の全文を読む」という意味の文書を初めて目にしました。
後になって、それが2021年1月に公開されたアルバニアのウェブサイトであることを知りました。この文書をリークしたのは彼らであり、それを発見して報道しなかった世界中のジャーナリストは恥を知るべきだ。


I first stumbled upon a document, called KONTRATEN-E-PLOTE which translate to “Read the full contract”.
gogo.al/wp-content/upl…
Only later I discovered it was Albanian website that has published it on January 2021. They deserve ALL the credit for the leakage of the document, and journalists around the world deserves the shame for not discovering & reporting it.
https://gogo.al/ekskluzive-kontrata-sekrete-e-qeverise-me-pfizer-per-vaksinat/


EKSKLUZIVE-「Pfizer」との契約解除 - Gogo.al「Pfizer」との契約解除は、「Gogo.al」のエクスクルージビシットを利用して行われました。ホランドの "ファイザー・エクスポートB.V"とスウェーデンの省庁との間には、...
https://gogo.al/ekskluzive-kontrata-sekrete-e-qeverise-me-pfizer-per-vaksinat/


EKSKLUZIVE- Kontrata sekrete e qeverisë me “Pfizer” për vaksinat – Gogo.alKontrata e shumëpërfolur ndërmjet qeverisë shqiptare dhe korporatës farmaceutike “Pfizer” është siguruar ekskluzivisht nga “Gogo.al”. Lidhur mes “Pfizer Export B.V” në Holandë dhe ministrive të Shënde…

最後に一言。
各国はより良い条件で交渉したと主張するかもしれませんが、私たちが南米から得た証拠によれば、この契約は本物であり、世界的に使われているものと同様のものであるようです。


FINAL WORDS:
Countries might claim they negotiated a better deal, but based on the evidence we have received from South America it seems this contract is real, and that it’s similar to what was used worldwide.


~~~ 中略 ~~~

"保健省の職員の一人であるYaron Nivは、1回の投与でイスラエルは62ドルかかったと、別のKanのインタビューで語った。"
@netanyahuはまさに魔術師です。イスラエルにアルバニアの5倍の金額を支払わせ、この悪い取引のために人々に崇拝させました。


“One Health Ministry official, Yaron Niv, said in a separate Kan interview that each dose cost Israel $62.”
@netanyahu is indeed a magician – he got Israel to pay 5 times more than Albania and made people worship him for this BAD deal.



イスラエル、リスクのあるグループへの完全なワクチン接種に向けて物資を投入イスラエルは、1月下旬までにリスクのある国民全員にワクチンを接種し、COVID-19パンデミックからの早期脱出を目指すため、慎重に物資を投入していると、当局者が木曜日に発表した。
https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-israel-idUSKBN2950UC
この契約は、実際には見た目よりも悪いものです。



Israel marshals supplies in dash for full vaccination of at-risk groupsIsrael is carefully husbanding supplies as it races to vaccinate all vulnerable citizens by late January and push for an early exit from the COVID-19 pandemic, officials said on Thursday.https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-israel-idUSKBN2950UC
This contract is actually worse than it seems.


CGMP(現在の適正製造基準)は、FDA(米国食品医薬品局)によって規制されています
CGMP(現在の適正製造基準)では、mRNAについては何もわかりません。なぜなら、mRNAワクチンの製造基準はなかったので、過失を証明することはできません。

追記します。
ブラジルのファイザー社の元社長でラテンアメリカのCEOがブラジルの委員会で証言したところによると、ファイザー社は世界中の国からワクチンを購入する際に同じ条件を要求していたとのことです。


Current Good Manufacturing Practice (CGMP) is regulated by the FDA.
cGMP will tell you NOTHING about mRNA, because we never had cGMP of mRNA vaccine, so you cannot prove cGMP malpractice.
Addendum:
Former president of Pfizer in Brazil and CEO for Latin America testified to the Brazilian committee that PFIZER DEMANDED THE SAME CONDITION FOR THE PURCHASE OF VACCINES … FROM ALL COUNTRIES.

 

~~~~~~~~~~

米国保健社会福祉省HHS文書「CDC米国疾病予防管理センターはコロナを物理的に分離できず、コロナの存在を証明できない」.pdf

 

 

(原文含む) ファイザー社の秘密契約書「ワクチン効果なし、接種による死亡責任なしを明記」が流出 Tap News.pdf

 

 

この契約は、「世界の永久的なロックダウン計画:ロックフェラー財団」と一致する内容であるだけでなく、全ての国家がそれに従って契約している事を証明している↓↓↓

原文:「世界の永久的なロックダウン計画」ロックフェラー財団.pdf

 

 

上記科学者のコメントの元となった流出文書↓↓↓

被害症例の一部を医療機関が報告↓↓↓

 

 

世界中の人々がテレビ (ディープステートの洗脳マシン) に騙されている!

 

集合意識が未来のタイムラインを作ります。

誰かが助けてくれると思う集合意識(他力本願)のままでは子供の未来を奪います。

それでは、ディープステートの思う壺です。

誰がが助けてくれるまで座して死を待つのですか?

ポップコーンを食べて待っているだけの他力本願では、解決しないという事でしょう。

 

(ダウンロードできます) ↓↓↓

(動画) ビル・ゲイツ証言「DNAを永遠に書き換えするワクチンを70億人に打つ」.mp4

 

 

アメリカ軍事裁判で「ビル・ゲイツ」に有罪判決?

 

~~~~~~~

 

 (シェディング・スパイク蛋白質等の症状緩和方法) 当ブログ紹介チラシなら↓↓↓

女性ジャーナリストが世界ニュース (コロナ関連情報) を紹介.pdf

 

 

 

 

 

 

~~~~~  記事です  (ここから) ~~~~~~

主流メディアのスカイニュース放送「生物兵器コロナウイルス開発費をファウチが武漢研究所に提供

 

 

朗報:2億4千万人の人口を抱えるインドの州が「イベルメクチン」でコロナを完全駆除! (ワクチンによる人類絶滅計画失敗?)

 

 

スコットランド公衆衛生局データで「8月のコロナ死亡者の8割はワクチン接種者」の事実が判明!

 

 

秘密の大量虐殺:何百万人ものコロナワクチン被害者が墓地に消え、世界は膨大な労働力不足に!(生き残った未接種者のみが労働可能な状態に)

 

 

コロナワクチンワクチンパスポートニュルンベルク綱領違反! GlobalResearch News

 

 

クーデター! 悲惨なバイデン政権に対抗する為、米軍(ペンタゴン)は内戦の動き!

 

 

 

 

米国議会と裁判官はコロナワクチンが致命的なので強制接種の執行命令から免除される!

 

アメリカ海兵隊は、国防長官にワクチン強制するなら武装して来た方がいいと反発!

 

 

ワクチン注射の被害者が病院を埋め尽くし、米国政府は「ワクチン未接種者パンデミック」と嘘をつく

 

 

コロナワクチンによる死亡38,488人有害事象630万のVAERSデータは全症例の1%~10%

 

 

米国立アレルギー感染症研究所所長(ファウチ)による生物兵器ワクチン製造の決定的な証拠が出た!

 

 

 

 

 

 

グリホサート(除草剤)の免疫破壊 (帯状疱疹等の症状) によりコロナリスクを高め臓器障害になるとMITの科学者が警告

 

 

 

 

4種類すべてのワクチンに酸化グラフェン (生物兵器)を含み、ファイザーは寄生虫を含む事が科学論文で発表された!

 

 

ワクチン接種で、血液中の磁気ナノ粒子を集積され次第に「磁気」が強くなる調査結果が得られた

 

 

ドイツがすべてのコロナワクチンを停止、安全ではないワクチンのライセンスを一時停止した!
 

 

戦時下:株式崩壊・世界通貨リセット・世界的停電・食糧危機に備えて保存食や生活必需品が必要です

 

 

ワクチン被害報告の大規模な不正や隠蔽工作により、「ワクチンは安全で効果的」の嘘がバレる!

 

 

コロナワクチン接種者の抗体依存性増強やスパイク蛋白質の血管障害(心筋炎・心筋梗塞・脳梗塞・脳血種・肺血種・血栓等・帯状疱疹) による死亡を科学論文で証明!

 

 

 

 

コロナワクチン主成分「酸化グラフェン」による、死亡例も含めた有害事象を科学的に証明

 

 

コロナワクチン接種により心筋梗塞・脳梗塞・脳血種・肺血種等・血栓になる事が科学的に証明された News

 

 

 

 

米国保健社会福祉省HHS文書「CDC米国疾病予防管理センターはコロナの存在を科学的に証明できない→物理的に存在しない事になる!

 

 

EU(欧州連合)の医薬品副作用データベースにコロナワクチン接種で死者20,595名が報告される

 

 


マスクなしワクチン接種なしのスウェーデンでは、コロナによる1日の死亡者数がゼロに近づく BreakingNews 

 

 

(原文含むPDF文書) ファイザー社の秘密契約書「ワクチン効果なし、接種による死亡責任なしを明記」が流出.PDF

 


インチキ・コロナワクチン接種を停止させる為、米国の代表的医師団が保健福祉省(HHS)に裁判訴訟

 

 

 

 

 

 

コロナワクチン推進当局は「ワクチン効果が無く逆に死亡する事」をデータから知っている

 

 

コロナワクチンによる死亡により、国際法「ニュルンベルク綱領」違反で医師が責任告知された

 

 

戒厳令、毒スパイク入りコロナワクチン注射を使った大量虐殺計画が流出 Natural News

 

 

トップ科学者が警告「ワクチン接種者にとって最後の夏になる。後続措置の飢餓計画がある

 

 

ファイザー社のコロナワクチン含有毒物「酸化グラフェン」は、殺人を目的としている

 
 
オランダ国会でロックフェラー財団の人口削減計画書を暴露 & 米軍Qによる世界救済計画
 
 
新ニュルンベルク裁判「世界の弁護士と医者がWHOとワクチン推進者に対しジュネーブ条約違反で訴訟」
 
 
(動画)ワクチンがスパイク生物兵器(スパイクたんぱく質)である 産婦人科医師で元大学助教授Christiane
 
 
スラミン(松の木に含まれる成分)松葉茶が新型コロナ治療薬となる。Liji Thomas博士
 
 
コロナPCR検査の綿棒で遠隔操作される装置 (ロボットICチップ=ナノボット )を脳に埋め込まれる。 Z3ニュース
 
 
(動画) コロナワクチンは動物実験で死んだので人間に強制接種させた:テキサス州上院公聴会
 
 
(動画)ドイツとヨーロッパのワクチン悲劇
 
 
ディープステート(闇の政府)は、コロナ詐欺を行い、スパイク蛋白質の粒子でテロ攻撃(心筋炎・心筋梗塞・脳梗塞・脳血種・肺血種・血栓・帯状疱疹等の攻撃)) をする
 
 
変異ウイルスは、コロナワクチン接種によって作られる:ノーベル賞受賞のウイルス学者声明
 
 
新型コロナワクチンで遺伝子組み換えし、人間の行動や脳をリモコン操作できる (ナノボットICチップによる思考制御)
 
 
コロナワクチンに入っているナノ粒子 (スパイクたんぱく質・酸化グラフェン) で血液細胞が絶滅する
 
 
モデルナ社のワクチン成分「SM-102」は猛毒であり、皮膚に付着すると致死的となります
 
 
ファイザーワクチンを顕微鏡で見るとロボットが動き回っている※ナノボット(ロボットICチップ(が脳に移動
 
 
ロシア国営放送で「コロナと人口削減」の陰謀を公開しました (ビルゲイツの生物兵器ワクチンによる人類絶滅計画)
 
 
コロナワクチンに含まれるスパイクタンパク質で、心筋梗塞・脳梗塞・心筋炎・脳血種 肺血種等の血管障害に周りの未接種者もなる

 

 

PCR検査がインチキであるとWHOが国際訴訟され裁判で実証された

 

 

 


 

  • 208
  • リブログ58

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。