京都✨穴場グルメ

小島剛一とアムルーズ part1

テーマ: 小島剛一

基本的に僕は
お人好しですが
興味深いお二人を見つけたので紹介したいと思います。

とてもくだらない人間で、独自の解釈で店を罵(ののし)る2人とも、かなりイタいです。
今回、流れ弾が当たった不幸なお店は
【西陣 ふじ義】さん
ミシュラン1ツ星✨の店なのですが、それを批判することで自分の大きさを誇張するブログになっています。
【F爺なんちゃら】のブログで自分の食通ぶりを披露する言語学者を名乗る小島のご紹介です。
この小島のブログを、僕の同僚7人
(男性2女性5) に読ませてみました。
以外 彼らの感想です。

・知識の押し売り(62歳男性)
・自分の無知には過保護(50歳男性)
・うざ(25歳女性)
・F爺の存在と海外在住のステイタス頼ってる(26歳女性)
・エアーオピニオンリーダー(26歳女性)
・IZAMの性格に似てる(38歳女性)
・めっちゃIZAMみたい(33歳女性)笑
IZAMの事は【IZAM 検索 YouTube】で内容が分かります。
小島やその友達数名は既にこのブログに気付いているようですが、逃げ腰のようです。
では、この小島のブログを観覧してみましょう。【ふじ義 京都 検索】で出てきます。
なるべく小さなお子様には近寄らせたくない人物です。
この小島は、【お通し】から
アクセル吹かし出します。

血糖値がうんちゃらなんちゃら
こすい?
ってどういう事でしょうか?
満腹中枢を上げる段階が早い…って事でしょうか?今ひとつ理解出来ませんが、様子を見てみましょう。

ニンニクと人参がダメらしいです。
食通にも好き嫌いはあるのは仕方ない。

いよいよゴキブリ小島の戯れ言が本格化してきました。
味覚と健康?
根底的?(´・ω`・ )ンッ?
徹底的?(*´-ω・)ハ?
本源的?( ̄0 ̄) ホ・ン・ゲ・ン・てき?
知ってる限りの難しそうな単語を羅列してるので唐突過ぎて付いてけな〜い♡
【怒る(小さすぎる)理由】と
【怒る(でかい)態度】の尺が合わん。
だいたい
人参のアレルギー?
皆さん(・・∂) ?人参のアレルギーって聞いた事ありますか?【韓国5000年の有史】くらい初耳。店側は好き嫌いの伺いだけしたんです。なぜアレルギーの話になる?鰊(にしん)の甘ったるいやつでキレるお前だろ?
そもそも人参くらい小4でクリアしとけ」お前がツッコメよ
お前はゆとりか?(世代)
ハメになったんじゃなく、友人の好き嫌いだろ?ハメじゃなくて、そもそも(ゴキブリのお前の)友人は過去もずぅーっとそうしてきたんだろ?どこから店への被害妄想が出てくるんだ?しっかりしろ、小島ぁ!!
お造里の事だとおもうのですが
外浦?内浦?
(ΦДΦ)ハァ??」

小島よ!
お前の友達全員も外浦と内浦の違い分かってないんだろ?

もう人生は始まってるんだぞ!
しっかりしろ小島…

この辺りから小島が味を占めたブログの展開になります。すかさず提供された刺身醤油に飛び火します。
舌が受け付けません?
結局は甘いのが苦手なだけで
普通の醤油を提供してもらえばいいだろ?
「普通の醤油ありませんか?」って訊けばいいんじゃないの?
替えさせましたって程の手柄じゃないぞ小島!! 武勇伝ちっさ Σ(⊙ω⊙)



とりあえずワインゼリーが提供されたようです。何から何まで非常に不満…なぜお前はこの店を選んだ?自分を叱咤しろ。プロファイリング能力0点?甘いのが嫌いなのに自分には甘い小島。

「ワインは葡萄で造るものだということさえ知らないような無知蒙味の低能扱い」
(表現) 長ぁ〜(๑¯ỏ¯๑)なげーわ
お前、言語学者だろ?
短文でなんかなかったんかい?
それによりも気になる事が
もしかして甲州に…じゃないの…?カナ?なる不安がよぎるワタス…
Σ(*ノ´>ω<。`)ノ やっぱり

確かに甲州煮は素人には聞き慣れないと思います。
小島の怒りは続きます!
まさか
知らんかったんか〜い♪
!Σ( ̄□ ̄;)ガビョーン
外浦内浦の刺身の違いを質問してながら甲州煮は知らんかったんかーいドヒャー‹‹\(´ω` )/››クル‹‹\(  ´)/››クル‹‹\( ´ω`)/››クル‹‹\(´ω` )/››コント?‹‹\(  ´)/››オチ?‹‹\( ´ω`)/››ドリフ?‹‹\(´ω` )/››イツモヨリ‹‹\(  ´)/››オオメニ‹‹\( ´ω`)/››マワッテマース
この小島はまだまだ笑わせてくれます。
答えになっていません。
ちゃんと答えになっとるがな!( ˘-з-)そこまで自分の馬鹿アピールを自信満々にブログに載せる奴も珍しいoz

甲州煮の説明
よく読め小島!教えたる!
甲州地方では西洋を模した葡萄酒なるハイカラなもので食材を煮込んだらどうか?と遊び心で料理人が始めました。もの自体はお酒な訳なので、地酒煮込みの要領で作ると淡い色が付き、後味もサッパリする事から日本中に広まりました。その当時はまだ香りや色味などの思慮はなく、ただワインを使用したものを漠然と甲州煮という名の総称で呼ぶの!
小島?お前、ただの食通マニアだろ?& バカだろ?

驚くのは、このA氏とF爺・小島の3人が雁首揃えてるのに、甲州煮を1人も知らなかったミラクル✨( ⸝⸝⸝•_•⸝⸝⸝ )♡︎♡︎ワオ
そして次は(アホの)ファンタジスタ爺こと、F爺がとち狂います。
でわ、F爺(๑•̀o•́๑)۶ ふぁいts☆

\(°∀° )/B級学園ドラマだ〜!

そもそもこのF爺って人間そのものが、読者(我々)側には恐れ多くもなんともないんですが、頻繁に彼の様子を描いて怒りを表現しています。エア水戸黄門?
中身をぶちまけたF爺はさぞ自己陶酔なう。
ふじ義 のご主人には申し訳ないが、このせちがらい世の中に(アホの)F爺のような破天荒の人間は僕らのリアル2チャンネル。その日、他の客は小島のB級学園ドラマをウゼーと感じているはず。
甲州煮を知らない自分の身内の落ち度は浦島太郎で逃げる。さっき内浦・外浦でブチギレてたあれは何だったんだ?
アンフェアこの上ないな。
それにお前この話の流れでいくとさ
お前も甲州煮知らなかったんだよな?
F爺を加護してるようで自分への追求を避けるなよ。こすいやり方だぞ!お前、甲州煮のこと知らなかったんだろ?
だろ?&やっぱりバカだろ?
part2に続く

  • 3
  • コメント6
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。