【覚え書き】自分の為のメモ&情報収集

【ワクチン接種】コビットワクチンで医療従事者が「全身痙攣」を起こす

テーマ: ワクチン・ウィルス

 

コビットワクチンで医療従事者

「全身痙攣」を起こす
2021年5月13日(木) by:イーサン・ハフ

武漢コロナウイルス(Covid-19)の注射で負傷した第一線の医療関係者が、ついに名乗り出て、耐え忍ばなければならなかった恐怖をすべて語っている。

その中には「全身の痙攣」など、ウイルスそのものよりも遥かに酷い副作用が含まれているという。

The HighwireのDel Bigtree記者とのインタビューの中で、3人の女性は、以前はワクチンを支持していましたが、今では注射のせいで震えや記憶喪失、痙攣などに悩まされていると説明しています。全員が仕事も介護もできない状態になっています。

インディアナ州の老人ホームで働くショーン・スケルトンさんは、モデナ社の中国製ウイルス「ワクチン」を初めて接種した直後に「軽いインフルエンザのような症状が出た」と説明した。

スケルトンさんは、雇用主からの「強い圧力」を感じていなかったら、この予防接種を受けることに同意しなかったかもしれない。

「その日の終わりには、足が痛くて、体が痛くて、我慢できませんでした。翌日、目が覚めた時には舌が痙攣していて、そこからが大変でした」とスケルトンは注射後の状況を説明してくれた。

その後13日間、スケルトンは全身の痙攣を起こしました。

 

 

ルイジアナ州の手術センター管理者であるAngelia Gipson Desselle氏も同様の副作用を報告しています。彼女は、患者への感染を防ぐために武漢インフルエンザの予防接種を受けましたが、当時は感染拡大を防ぐ注射がないことに気付きませんでした。

「2時間もしないうちに激しい頭痛に襲われましたが、副作用の一つだと分っていたので、それほど気にしませんでした」とデセルは予防接種の影響を振り返っています。

「木曜日の朝、目が覚めた時には本当に目眩がして、気を失いそうになりました。翌日の夜、ベッドから出ると左足の感覚がなく、使えませんでした。そして土曜日の朝、起きたらどちらの足も使えなくなっていて、最終的には全身の痙攣が起きました」

痙攣が始まってから約2時間後、デセルの夫が彼女を救急病院に連れて行き、近くの病院に搬送されました。

私は文字通り、医者から医者へと転々としました...そして今日、私はまだ同じ問題を抱えています。

痙攣が始まった瞬間、何が起こったのかすぐにはわからなかったが、それが何であれ、注射のせいだとわかったという。

私は45歳の普通の健康な人間で、日常的に薬を飲んでいるわけではありませんでした。



中国製ウイルスワクチンの接種を中止するには、あと何人の人が重傷を負う必要があるのでしょうか。

 

3人目の女性、クリスティ・シモンズさんは、在宅医療機関でクリニカル・マネージャーとして働いていました。彼女はジャブを手にしたとき、全身に同じような痙攣が起こり、それが何日も続きました。
 

「ある日、16回も連続して痙攣を起こしたことがありました」と彼女は明かし、「全身の筋肉が緊張し絶え間なく痙攣しました」と語りました。

皮肉なことに、シモンズは呼吸困難に陥り、ジャブのせいで完全に息が吸えないように感じました。

2日後には、喉と口が腫れてE.R.に運ばれました。

翌週、シモンズは仕事に復帰しましたが、痙攣を起こすようになり、職場では「胎児のように引きつった状態」になってしまいました。

「今、私たち3人は、仕事も収入もない状態で、ここに座っています。医療費はかさむ一方で、答えも助けもありません」と述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 13
  • リブログ1

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。