デヴィ夫人オフィシャルブログ

Powered by Ameba

72,878 フォロワー


本当に安倍首相は。。。

テーマ: ブログ

私は 長い間 安倍首相を信じ、尊敬してきました。

 

時に 疑問に思うこともありましたが、 とにもかくにも

 

今の日本にとって、 とても重要、かけがえのない方

 

だと思っていました。 その彼が、首相を突然

 

辞任する、「えっ?!」と思ってしまいました。

 

私は思わず、勘ぐってしまいました。

 

もしかして、7年8ヵ月と 長期政権の座にありながら、

 

彼の掲げた、色んな事を、あと 1年しても 何も遂行

 

されず、史上最悪の首相と レッテルを張られてしまう

 

ことを恐れ、自信をなくしてしまったからではないかと。

 

確かに、彼は 7年8か月という長期政権を成し、

 

世界に安定した政権をアピール出来たのは、

 

素晴らしいことだと思います。

 

しかし、7年8か月も首相の座にありながら、

 

何を実現させたか。

 

マスクも良く、背も高く、格好の良さでは 歴代の

 

首相の中でもダントツ。 各国の元首と並んでも

 

引け目を取らず、誇らしかった。

 

韓国の大統領が さぞ羨ましかったであろう トランプ

 

大統領との仲、しかし結果は、大量の使えない、

 

使わない 高価な武器を買わせられ、つまり、

 

最高の顧客となっただけなのでは。

 

アメリカから買う武器は 日本がアメリカにそむく

 

ような事があれば、アメリカが暗号を変えれば

 

すべての武器は使えなくなると 田母神氏は言っていた。

 

田母神氏は、安倍氏を政治理念や思想を同じくし、

 

とても尊敬していたのに、徹底的に田母神氏を

 

〝選挙違反〟で潰したよう。 森友学園のことでは

 

「自分や 妻に関係があるということであれば、

 

自分は 総理と議員も辞める」と 啖呵を切ってしまった

 

安倍首相。 それを聞いた時 私は、そんなことを

 

言ってしまっていいのかしらと思いました。

 

籠池氏も同様、安倍氏を 神のように思い慕っていた

 

その人を、徹底的に潰している。

 

近畿財務局の赤木俊夫さんの自殺、安倍昭恵夫人

 

の名前のあるところ、書類の全てを黒塗りとし、

 

改ざんさせられた。

 

未亡人の雅子さんが 元理財局長の 佐川宣寿氏を

 

告訴しているが、彼は 役人として上の命令に

 

従っただけ。 佐川氏も犠牲者だ。 役人として義務を

 

遂行しただけ。 彼は 後に国税庁長官に昇格。

 

昭恵夫人の秘書、谷査恵子さんは 一等書記官の

 

誉を得て、ローマの日本大使館に送られた。

加計問題はというと、京都に もっと相応しい

 

京都産業大学があったのに、加計になった。

 

「桜を見る会」問題は、ご自分の権力の使い過ぎ。 

 

彼は 何年も日本の頂点に立ち、すべて自分の

 

思うとおりになる、自分の名を汚す人は徹底的に

 

抹殺する命令を下してきたのではないか、

 

と勘ぐってしまう。

 

おまけにコロナにおいては、することなすこと非難を

 

受け、「もう、嫌になっちゃった」みたいに、仕事を

 

放り投げ、見事、期待を裏切り、がっかりしました。

 

でも、最後までかっこよく病気のせいにして退任。 

 

私なら、反吐をはくまで働きますね。 掲げた項目

 

全てを完行するまで、最後までやってほしかった。

 

それでこそ、我らが誇る 安倍晋三首相。

 

拉致問題の解決は 本当は簡単なのです。

 

小泉首相と 金正日総書記が交わし 調印した

 

日朝平壌宣言を遵守し、完行すればよいだけのことと、

 

私は思ってしまうのです。 もしかして彼は、北朝鮮に

 

官房副長官として行った時、冷遇されたのをずっと

 

根に持っているのではなかろうか、と。

 

大体、小泉首相が国交正常化のため 北朝鮮に

 

行ったのも、当時のアメリカ大統領だったブッシュ氏の

 

お墨付きがあったからこそ。 ところが、その後

 

ブッシュ氏がブレーンから 大反対され、国交正常化は

 

無視せよと言われ、日本は 北朝鮮に難癖をつけて

 

反故にした。 

 

私は その後、北朝鮮に行った時、上層部から下の

 

人まで、「小泉はどうしたんだ、なぜだ」と散々訊かれ

 

困りました。 日本の習慣では、調印したものを

 

守らないのかと。 郵政民営化も アメリカが

 

メガバンクと称した 郵便貯金が欲しかったため。

 

安倍氏は、拉致問題で首相となり、健康を理由に

 

やめ、再度首相になれたのも拉致問題。 しかし、

 

彼は拉致問題に本当に取り組んだのであろうか。

 

世論をあおるだけ、あおり、憎悪を募らせ 北朝鮮を

 

迫害し続け、随一のライフラインである万景峰号の

 

寄港を禁じたり、拉致被害のご家族に ありもしない

 

希望を持たせ続けたり、アメリカの大統領や大使に

 

会わせたり、さもさも 努力しているようにパフォーマンス

 

するだけではなかったのか。

 

そして、在日の 何の罪もない学生たちも差別し、

 

無償教育から外し、風邪薬をもった 老婆を逮捕したりと、

 

その横暴さは 目に余るものがありました。

 

アメリカは常に〝敵〟を必要としている国、紛争、戦争が

 

無くなると、武器が売れなくなるから。 日本は北朝鮮に

 

76年経っても 戦争賠償金を 北のみに払っていないのです。

 

武器を買うことには 何兆円も使うのに。 日本のお金を

 

核施設に使われることを恐れているのであれば、

 

すべて食糧や肥料などとしてもよい。 医療でもよい。 

 

建設資材供与でもよいし、日本の建築業界に行かせ

 

てもよい。 現金でなければよいのだから。

 

なぜ 日本に 徳のある政治家がいないのだろう。

 

韓国は日本が建てた5つの水力発電という動力を

 

もとに今日の経済発展を遂げたのに、」恩知らずで、

 

日本に対して悪口放題、無礼三昧。  しかも、いまだに

 

日本にたかろうとしている。 北の人達は、東北の人たち

 

のように純朴。のどを潤してくれた恩人は忘れない。

 

国交正常化され、日本の人々と、あちらの人たちとの

 

交流があらゆる分野でなされれば、自然と拉致された

 

人の真実も見え、とけてくる筈。

 

国が豊かになれば、北の今の体制は 自然崩壊する。

 

その昔、日本は朝鮮半島からその数200万人とも

 

いわれる人たちを強制的に日本に連れてきています。

 

200余まりの炭鉱に送り込み、亡くなった労働者が

 

どこでどお、どのようにして亡くなったか記録に

 

残っているのは、たった800名余り。 拉致はあっては

 

ならない非情な事だけれど、日本が朝鮮にしたことを

 

考えたら、あながち責められないのでは。 

 

とっくに亡くなっている恵さんを、あたかも生きている

 

ようにデッチあげ、善良そのもののような横田夫妻を

 

だましだまし、政治の道具に使った安倍氏。 

 

遺骨の問題だってそう、亡くなったという証拠のものを

 

持ってこい、という日本の要請に洪水で流されてない

 

という北に何でもいいから、持ってこいと言ったのは

 

誰ですか。 すべて、お芝居、拉致問題を掲げ続け

 

国民の同情を、マスコミをあおり、北に憎悪を募らせ、

 

迫害を 正当化し続けてきた安倍政権。

 

尖閣諸島に中国の交船が 100何日も領海侵入。 

 

何もしない日本、中国との経済摩擦を恐れてか、

 

甘く見られてしまっている。 尖閣諸島に今に赤旗を

 

立たてられて、指くわえてみている日本になるのか。

 

北方領土問題も、プーチン大統領に 27回会って

 

いるのに、安倍首相は 一島も取り戻せないでいる。

 

竹島は 歴代首相が放っておいたから韓国に実効支配に。

 

基礎工事を始めた時になぜ攻撃しない。

 

腑抜けな日本の政治家達。

 

日本大使館前の慰安婦像が 一番最初に置かれた時、

 

なぜ 怒らない。 なぜ 猛然と阻止しない。

 

意気地なし日本の政治家。 日本の国土がどんどん

 

中国人に買われているのに 何もしない日本の政治家。

 

国民のため、国民のためと言いながら〝たらいまわし〟

 

〝国民無視〟〝馴れ合い談合〟で決めている。

 

50年後は日本は中国のものになっているのか。

 

日本人に愛国心はないのか。 怒らない若人達。

 

身勝手でブランド趣向の若人達。 

 

我が子を虐待死させる日本の親達。

 

どっちみち属国ならアメリカの方がまだましかもと

 

思うが、日本の行く末を心配する私。

 

シャンパンでも飲んで忘れよう。

 

今夜は 悪酔いするかも。。

 

悪夢もみるかも。。。。。。

 

  • 795
  • コメント39
  • リブログ10

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

このブログの人気トピックス

データが取得できませんでした。

このブログのフォロワーが興味のあるブログ

データがありませんでした。

このブログのフォロワーが読んでいる記事

データが取得できませんでした。

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。