さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう」

日本人が知るべきは終戦の日以降に起きた、朝鮮人による「悲惨さ」である!

テーマ: 知っておくべき日本

人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 

 

 

毎年、815日が近付くと「戦争の悲惨さ」を報じるが、それが過ぎると戦争のことは語られなくなる。
 
しかし、我々日本人にとって大切なのは終戦後にもある。
 
日本との併合で「これで朝鮮も日本と同じ一等国になった」と思っていた朝鮮人は終戦を機に一夜で変わった。
 
朝鮮人の本音は「独立したい」「日本への反発」と言うよりも、朝鮮人の事大主義の考えが大きい。
 
「戦争に負けた日本とは一緒にやっていけない」と、勝った方や強い方になびくのが朝鮮人である。
 
朝鮮人は「自分達は日本人でなくなったので、敗戦国日本の法令に従う義務はなく、我々は戦勝国に準ずる国民だ」として不法行為をなして治安を乱した。
 
しかし、昭和209月の「マッカーサー検閲30項目」の中に、なぜか”朝鮮人への批判が禁止”されたため、終戦直後からの朝鮮人犯罪の記録が残っておらず、何もなかったことになっている。
 

ただ、当時の日本人は朝鮮人の数々の悪行を見て知っていた。

 
朝鮮人は通りすがりの日本人に言いがかりをつけて集団暴行したり、無銭飲食は当たり前。白昼に目についた日本人女性を路上で集団強姦していた。
 
こういう光景は日常茶飯事である。
 
また、終戦後の警官は一切の銃器の所持が許されず、丸腰の警官は朝鮮人に叩きのめされたため、警察も朝鮮人の悪行を見て見ぬ振りをした。
 
さらに朝鮮人は武装解除された日本軍の歩兵銃や拳銃を盗み、約3万人の朝鮮人が「朝鮮進駐軍」を名乗って無差別に日本人を殺害した。GHQの記録には4000人以上の日本人が殺されたとある。
 
朝鮮進駐軍は、国有地も都心駅前一等地の土地も不法略奪し、金品略奪、婦女子強姦、銀行襲撃、食料や商品を根こそぎ奪って、それらは全て闇市で売りさばいて暴利で財を成し、日本中にパチンコ店や風俗が増えた。
 
この不法占拠のまま土地が登記されて現在に至っている。
 
そして当時、朝鮮半島にいた日本人女性である。
 
終戦後、博多港には満州や朝鮮からの多くの日本人引揚げ者がいたが、女性の姿は目もそむけたくなるほどボロボロの姿であった。
 
当時、引揚げ者の診療に当たっていた西岡利之著『ある戦後史の序章』にはこう書いてある。
 
「若い婦人達の多くは断髪し、女性の命ともいうべき顔面などを煤(すす)などで故意に汚し、胸部は厚く布を巻いて乳房を圧し、ズボン姿の男装が多く、その脱出の苦労が察せられた」
 
一体、日本女性には何があったのか?
 
終戦後2週間もたたないうちに、朝鮮半島38度線以北はソ連軍が制圧し、ソ連兵と朝鮮人保安隊による日本人迫害と虐殺が行われた。
 
『ある戦後史の序章』には、避難民救済活動を行っていた石田一郎氏の以下のような手記が掲載されている。
 
「北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、辛苦の末やっと38度線近くの鉄原にたどりついた。そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々辱められた上、虐殺されている光景であった。
 
最愛の二人の娘達もまもなく同じ運命をたどるであろうことを不憫に思い、松の木に縊(くび)って自決させた。
 
これはその遺髪です、と言って私に見せてくれた。もう涙も涸れたのか淡々と他人事のように語る表情の中に私は深い悲しみを見た。」
 
昭和21年になると、1割近い女性がソ連人や朝鮮人に暴行を受けて妊娠したり、性病に冒されて帰国し、先行きを悲観して引揚げ船から身を投げる日本人女性も多かった。
 
そのような女性達を救おうと、民間組織である在外同胞援護会救療部が、厚生省引揚援護局の協力を得て二日市保養所(福岡県二日市町)をつくった。
 
当時、堕胎は罪であったが、厚生省はこの施設に限って超法規的処置として「強姦によって身ごもった女性」の堕胎手術を黙認した。

 

 

二日市保養所の医務主任、橋爪将氏は昭和21610日付の「現状報告書」に次のように記している。
 
「不法妊娠を地区別に分類するに、北朝鮮24にして最多。南朝鮮14、満州4、北支3の順にして、朝鮮人に因る者28ソ連人に因る者8支那人に因る者6米人に因る者3台湾人、比島人に因る者各1なり」
 
日本人女性に暴行を加えた者の圧倒的多数は朝鮮人だったことを日本人は知っておくべきである。

 

 

NHKは「ノモンハンの真実」(平成30815日放送)で、日本軍をまるでオカルト(上画像)のように放送して日本軍をバカにしていたが、本来は朝鮮人のこういう”本性”こそ放送するべきである。
 
引揚げ者のこういう放送をする時は「日本が悪いことをしたからこういう目に遭うんだ」というように、単純に日本人を悪者にするための放送をしていた。
 
そこには加害者である朝鮮人の罪は一切問わず、朝鮮人を悪く言う放送も見たことがない。
 
しかし、日本人が知っておくべきは、敗戦による朝鮮人の手のひら返しの裏切りや、どれほどの日本人女性をレイプしまくっていたか、こういう視点で放送しなければ、現在に続いている”朝鮮人の本性”を知ることは出来ない。
 
日本人は在日とは共生できないことを知るためにも、悲惨な目に遭わないためにも、GHQ検閲で消された朝鮮人にされた過去の「悲惨さ」から学ぶことは、今を生きる日本人にとって必要なことである。
 
 
参照:「終戦時の女性への暴虐行為 46年には1割近くが被害、自殺者も」(松木國俊)
『ある戦後史の序章』(西岡利之)
『水子の譜』(上坪隆)
『ある朝鮮総督府警察官僚の回想』(坪井幸生)
『忘却のための記録』(清水徹)

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

朝鮮人は許せない、と思った方はここをポチッとお願いします。

 

 

  • 71
  • コメント1
  • リブログ6

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。