Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *

【英国王室・デンマーク王室】英国王妃アレクサンドラ・オブ・デンマークとティアラ・ジュエリー

テーマ: 〈*イギリス王室〉

アレクサンドラ・オブ・デンマーク。アリックス。(1844年12月1日 - 1925年11月20日。ヴィクトリア女王長男のイギリス国王エドワード7世の王妃、ジョージ5世の母、エリザベス女王の曾祖母。

※6人出産後37歳


美貌は評判でヴィクトリア女王が、アリックスを見て惚れ込み息子の妃にと推したほど。オーストリア皇后と比較されイングランドのエリーザベトとも。1863年、19歳で英国へ嫁ぎました。


写真は1881年Alexandra in her Rundell Tiara ランデルティアラ(パーツを取り外すと下のティアラになる)のちに分割され、メアリ女王ブローチと、エリザベス女王のネックレスに。


1896 of Alexandra ※52歳



妹は先日ご紹介したマリア・フョードロヴナ(ダウマー)ロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后→

兄はデンマーク王フレゼリク8世、弟はギリシャ王ゲオルギオス1世(エリザベス女王の夫、フィリップ殿下の祖父)、妹テューラはハノーファー王国の元王太子エルンスト・アウグストの妃。


※52歳


1908年のロンドンオリンピックの際、マラソンの長さを42.195㎞に設定した方。



絵になるとこうなる(王冠になってる?)


若いときの絵


いつもお若いですが...

1898年 ※54歳



(↓クリック拡大します)

1898年 ※54歳


頸部にリンパ節結核のかなりひどい手術跡があり、美しくアクセサリーで隠しています。ティアラはウエディングギフトの"Rundell" Tiara Royal Jewels of England 、ネックレスはエリザベス女王愛用3連パールネックレス、ブローチなどになったようです。




アレクサンドラ(アリックス)は、妹マリア(ダウマー)の息子で甥 後のニコライ2世とヘッセン大公女アレクサンドラの結婚を、ダウマーとロシア皇帝アレクサンドル3世夫妻と共に反対。

アレクサンドラ大公女の性格、生家のヘッセン大公家では、一族に次々と不吉な出来事が起きていたためヘッセン大公家の血を引くアレクサンドラがロシア帝室に嫁ぎ、ロマノフ家に不幸が及ぶのではないかと心配していました。

ヘッセン家に嫁いだ女王の次女アリスはジフテリアに罹って早世、ヴィクトリア女帝が保因者の血友病で息子がベランダから落ちて亡くなったり...同じくヘッセン大公とヴィクトリア女王次女アリスの子が、フィリップ殿下の祖母ヴィクトリア。エリザベータ・フォードロヴナアレクサンドラ大公女。後者2人とニコライ2世、アレクサンドラの子供たち皇太子のアレクセイ、長女 のオリガ、2女のタチヤナ、3女のマリア、4女アナスタシア。ロシア革命で処刑されています。(青文字の方はすべて処刑)


フィリップ殿下の祖父、ギリシャ王ゲオルギオス1世の妻オリガはロシア皇帝ニコライ1世の孫。彼女の兄ドミトリー・コンスタンチノヴッチは処刑。もうひとりの兄コンスタンチン・コンスタンチノヴィッチの孫コンスタンチン・コンスタンチノヴィッチ、イオアン・コンスタンチノヴィッチ、イーコリ・コンスタンチノヴィッチの3人も処刑。

そしてギリシャ王ゲオルギオス1世とオリガ王妃の娘アレクサンドラの夫パーヴェル大公、その息子ウラジミール・パーリィも処刑されています。


フィリップ殿下が家族の大半を殺されたと言ったのは....。







デンマーク一家

デンマーク一家の両親はデンマーク国王クリスチャン9世とデンマーク王妃ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル。2人はいとこ。血をさかのぼると、2人とも英国王ジョージ2世の3代後の子孫。もちろん英国王ヴィクトリア女王もジョージ2世の4代後の子孫。

ニコライ1世3女でロシア公女アレクサンドラ(1825年 - 1844年)はデンマーク王妃ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルの弟、ヘッセン=カッセル方伯フリードリヒと結婚するも早逝。ニコライ1世の息子コンスタンチン・ニコラエヴィッチの娘オリガはギリシャ王ゲオルギオス1世と結婚。




以下兄弟姉妹

デンマーク王フレゼリク8世→現デンマーク王室の直系祖先。


アレクサンドラ・オブ・デンマーク→英国王ジョージ5世母、エリザベス女王曾祖母

皇太后マリア(ダウマー)→ニコライ2世母。ロシア革命で姉アレクサンドラに救出される。

ゲオルギオス1世→フィリップ殿下祖父、フィリップ殿下一家はジョージ5世によって救出亡命。

テューラ(ハノーファー王国の元王太子エルンスト・アウグストの妃)



(↓クリック拡大します)

若く美しいアレクサンドラ王妃(1844年 - 1925年)と娘の Louise(1867年 - 1931年)とVictoria(1868年 - 1935年)。50代でも30代に見えたというのは真実のようです。57歳の時、ヴィクトリア女王が崩御して、アレクサンドラ英国王妃に。





1820年製ジョージ4世 George IV State Diadem (Diamond Diadem)。1333個のダイアモンドが、バラ、アザミ、シャムロックのかたちに整えられ169個のパールが冠の周辺部を彩る。身に着けたのは、ジョージ4世の姪であるヴィクトリア女王、ヴィクトリア女王の長男エドワード7世妃アレクサンドラ、そして現在のエリザベス二世女王も議会の開会式に臨む際などに愛用。


Queen Elizabeth II wearing the George IV State Diadem


写真は若き頃のエリザベス女王、アレクサンドラ・オブ・デンマークの被った王冠(ティアラ) George IV State DiademDiamond Diadem)、ネックレスも身に着けています。彼女のジュエリーは現在もロイヤルたちに引き継がれています。また今後ご紹介しますね。


  • 11
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。