・。*☆【食医ママ】芳恵ママの♡ナチュラル育児と命の光り☆*。•

産後ママ、カラダに宿る赤ちゃんの記憶☆【 新型コロナの予防法 】

テーマ: ├妊婦・産後の健康のためにできること

『 なんか、ママが、このごろ特別やさしい。

いつもニコニコしてるし。赤ちゃん、かわいくてしかたないいんだね。笑 』

 

パパにそう言われて

ハっとしつつ。

 

 

中庸な自分で在る《 産後 》もまた

しあわせなんだ、なと。

 

( 厳密にいうと、目の前にある“ しあわせ ”を、幸せだと感じることができる自分で在れることが【 中庸 】で、そうで在れている日々にこそ心から感謝でいっぱい。 )

>>子宮のうえにあった、しあわせの泉の湧かせ方☆

 

 

 

助産院さんで出産し

翌日に退院してから

 

1周間がたち☆

 

( ↑産まれた翌日、パパと4歳長男くんと、ご対面のとき。 )

 

 

 

【 中庸妊婦 】でいさせていただけた中での

スムーズな出産を経過させていただくことができ

( 母体への負担のない、リラックスしたなかでの“ ママの自分が主体の出産 ” )

>>赤ちゃん産まれました♡【 出産&産後の薬効アイテム 】

 

 

 

こんどの産後は

 

自分の体調も

赤ちゃんの情緒も

あたらしい6人家族のバランスも

 

さて

どうなるのかなぁ、

と思っていたのだけれど

 

 

【 中庸 】な自分を中心に据えた

【 すこやかさがスタンダード 】な【 産後 】というのは

 

 

食医ママサロン

ご出産をされたママさんたちも

みんな同じくご経験されているとおり

 

>>子宝サロン♡つぎつぎとご出産報告【 ありがとう 】

 

 

 

 

 

 

産後

母体の回復もスムーズなうえ

 

子宮の痛みも長引くこともなく

( いまはもう無く )

 

いつもの生活を

自炊をしながら

気分もよく

 

 

わたし自身も

過ごせているのでした☆

 

 

ほんとうに

ありがたく。

 

 

 

芳恵ママは

産後3日めには

 

赤ちゃんを連れて

助産院さんへ産後健診へ行き

 

そのあと

「 サムゲタンつ~っくろっ♪ 」

と思い立って、食材の買い出しへ。

( ↑芳恵ママ、産後3日目のお腹はまだぽっこり。

ここからまたスタイルが自然にもどっていくはずの【 中庸 】な産後。さて、どうなるかな☆ )

 

 

お買い物へ行った先の

F&Fの店長さんから

 

「 これ飲んで♪ 」

と、スムージーをいただき

( いつも行くたびにいろいろくださるF&Fの店長さん。いつもありがとうございます^^♡ )

 

またまた

元氣になり。

( 食のエネルギー、人のあたたかさが産後の身にしみます☆)

 

そして

産後のこの1週間のあいだでの

 

食医ママサロンでの記事は

出産の記憶のあたらしいうちに、「 自分のなかを通った学び 」を。

↓ ↓

《 ↓もうすぐご出産を控えた食医ママサロンのママさん♡ 》

 

それから

「 立春 」をすぎたいま

 

また

自分を【 中庸に向かわせる 】春の食べ方へシフトすることが大切なタイミングなので

そういったことも☆

( 体質によっては、玄米を食べないことも、大切。 )

↓ ↓


20代だったころの

はじめての出産のとき

 

 

産後

点滴を打たれながら高熱を出したり

床上げに6ヶ月もかかったり

産後1年間、腰の痛みが治らなかったり

 

 

出産そのものも

 

立ち会った主人でさえ

「 あれはほんとうにかわいそうだった。 」

というほど

 

クスリや医療処置で

交通事故に遭ったような壮絶さで。

 

これが「 出産 」なら

わたしはもう二度と出産はムリだと思った

 

 

 

 

そんな同じ私が

( むしろ、20代のころの若さではない35歳の今。 )

 

8年後のいま。

【 自分の中庸さ 】を取り戻したことで

 

ほんとうの自分の

妊娠、出産、産後のすこやかさ、軽やかさ、気分の良さ

 

自分のしあわせ

自分の人生

すべてを取り戻すことができた。

 

 

 

自分の運命を

自分で軌道修正してきて


食医ママで在って

ほんとうに、良かった。

 

 

 

 

いま

目の前にいる

 

すこやかな

わが子たちのひとりひとりと

 

ママの

自分自身の身体を通して出会えて

ほんとうに感謝がつきず。

 

 

 

ママが

いつも心地よい

 

【 ママファースト 】であること

 

笑顔で在れる心身状態や

【 すこやかさがスタンダード 】であると

 

となりにいるパートナーも

しあわせを感じていてくれ

 

ママが幸せだと

子どもたちも

うれしそうで、しあわせそうで。

 

 

そんなママから産まれる

【 中庸な赤ちゃん 】もまた

 

心身ともにすこやかで

穏やかで

夜泣きしらずで

( ↑ 夜泣きは未病の状態 )

ほんとうに育てやすく。

 

【 すこやかさがスタンダード 】なママから

 

すべてが

ほんとうにすべてが

好循環になるのを

 

 

身を持って

実感、体感させていただいてきたのでした。

 


 

さいごに

。・*★新型コロナウイルス対策★*・。

 

 

出産時期と

コロナウイルスの流行とが

かぶったけれど

 

 

「 腎臓 」「 脾胃 」( 胃・すい臓・脾臓 )

が弱っているほどに

 

「 恐怖心 」

「 不安感 」に囚われやすく。

( 産後うつにも、なりやすく )

 

 

産後は

出産でとくに疲労する「 腎臓 」で、そうなりやすいことに

気をつけながら

 

「 食 」を中心に「 腎臓 」をたすけることで

( 夜によく寝るっていうのも、腎臓をたすける )

 

 

 

 

物事の本質や

自前の判断力を見失わずに

 

心地よく過ごしているいま。

 

 

ニュートラルな自分で

 

いつでも真実をシンプルに

見通したい。

 

 

 

 

コロナウイルスに限らず

ウイルス系でも細菌系の病気でも

 

まずは結局

血の質から。

 

 

 

コロナウイルスの予防や対策も

インフルエンザの予防法と同じく。

 

 

感染しても

発症するかしないかもすべて

 

結局は

「 自分側の血の質 」による。

 

基本はインフルエンザの対策と

同じように↓

>>インフルエンザは血の質から予防する【 正食医学・基礎 】

 

 

それから

ウイルスは

 

そもそもタンパク質でできているので

 

体内で消化に負担のかかるような状態

体内で腐敗しやすい状態のタンパク質の過剰な食べ方に気をつけて

( ✗砂糖といっしょに動物性を食べる、とかをせず。✗リンパが汚れる原因になる、便秘をしないように、など。)

 

タンパク質を

消化分解しながら血やリンパ液をキレイにするアイテムを使うことも◎

( 血を濃くて、サラサラの中庸の状態に保つ )

 

 

 

たとえば

 

わが家でいま

血を中庸にもっていくのに

パパが飲んでいるお茶のひとつはこういったもの。

 

 

ウイルス(たんぱく質)を分解するスパイスの入った

しょうが紅茶( アムラ入り )

コロナウイルスって

丸いカタチのウイルス

その形状からも

 

どちらかというと

「 陽性のウイルス 」だと判断できるのだけれど

( 陽性 : 丸い )

 

この

「 陽性の、タンパク質でできたウイルス 」

を分解するのは

 

「 陰性の、スパイス 」

( 陰性 : 溶かす、分解するエネルギー )

 

 

陽性体質で

( 動物性をよく食べていて、甘いものもよく食べている )

かつ

血が酸化しているようなときにも

 

ウイルスに感染すると

繁殖しやすい

( 発症しやすい )

ので

 

そういう

血の状態から

事前に事前に

 

過剰なタンパク質を分解して

血を濃くてサラサラな状態に保ちたい。

 

そこで

 

アムラ 

→ アムラとは「 看護師さん 」という意味。

インドでは古代から「 若返りの果実 」「 幻の果実 」と呼ばれていたもので

ポリフェノール( 抗酸化作用 )が赤ワインの30倍、ビタミンCもとっても豊富。

ウイルスの湧きやすい血の質である、酸化( 腐敗してベタベタ )した血を、サラサラに。

 

 

ほかにも

シナモン、カルダモン、ホワイトペッパー、クローブ

 

これらのスパイスには

たんぱく質の消化分解酵素、抗ウイルス、抗酸化作用があるので

そういったものが入ったお茶が◎

 

 

 

陰性体質のひとには

( 血がうすい、貧血、 )

こういうスパイス系は

陰性が強くて向かないけれど

 

 

陽性体質のひとには

( 血が濃くてベタベタ )

 

こういった

スパイス入りしょうが紅茶

血をキレイにして

血行を促し

 

ウイルスが湧けない血の質

ウイルスが繁殖できない血の質を

保てる。

 

 

授乳中のわたしは

( 妊婦さんも )

カフェインの多い紅茶はおやすみ中なので↑はパパ用で

 

わたし用には

ノンカフェインのものをいただいている。

 

生姜ルイボスティー。( 菊芋入り )

生姜 ルイボスティー 菊芋 巡りChaCha ノンカフェイン ブレンドティー 40包
1,680円
Amazon

動物性をいただいて、右の肩や背中がこるようなときに飲むのも◎

生姜と菊芋が、ベタベタの血をサラサラにしてくれる。

( 高血圧のような体質、血の質のときも、菊芋が血圧を下げてくれる。 )

 

 

おっぱいが詰まったときにもいい

ごぼう茶

ごぼう茶 国産 巡りChaCha ノンカフェイン ブレンドティー 40包
1,380円
Amazon

このお茶は

ごぼう茶をベースに、レンコンや菊芋も入っていて

レンコンが肺を強くしてくれて、菊芋が血をサラサラにしてくれる。

( 動物性のタンパク質を分解 )

いまのところまだ、母乳が詰まったりは大丈夫だけれど

背中が凝ると、乳腺も詰まりやすいので

こういったごぼう茶系をいつでもスタンバイ。

 

背中が凝る、というのも

動物性のものの過剰でもなるので、それを分解。

 

 

 

ウイルスが湧きやすい

繁殖しやすい血の質にしない。

 

 

 

 

それから

わたし用のお茶で

 

じゃばら入り甜茶

じゃばら入り甜茶28g(2g×14)
490円
Amazon

っていうのをこのごろ購入。

 

じゃばらっていうのは

柑橘系の果物で

「 邪払い 」が語源なのだそう。

( まさに、ウイルス系の病気もそうだけれど、そういったものを過剰に怖がる世間のムードを邪払いしたいいま。 )

 

和歌山県の北山村に

自然交雑で、日本にたった1本だけ自生していた「 じゃばら 」。

▶北山村じゃばら村センター


酸味と苦味が強くて

まさにいまの「 春 」の時期の

 

「 肝臓 」シーズンのデトックス

をたすける味覚でもあり

 

「 腎臓 」につまった、動物性( とくに魚 )のタンパク質も

分解してくれるじゃばら。

とくにお魚を食べて、ベタベタした血の質を

中庸のサラサラに。

 

 

 

こんなふうに

結局は

 

ひごろから

ウイルスの湧かない

繁殖しない血の質づくりを基本にしているわが家でした。

 

( ほかにも『 食 』『 心 』『 動 』『 環 』の4つのポイントから、中庸へ )

 

 

やっぱり

それが

 

ひごろからできる

 

家庭でする

根本の予防医学。

 

 


★★・‥…―━━━―…・・…―━―★★

 

 

 

4年ぶりの赤ちゃんをまえに

頭ではすっかり忘れていた子育てのいろいろ。

 

 

赤ちゃんをまえにしたとき

カラダは覚えていてくれて

 

スっとあらゆることのすべてへ反応してくれたことに

 

ひとり静かに

 

女性のカラダの神秘に感動を覚える

このごろでした。

 

 

 

カラダに残っていた

「 赤ちゃんを守り育むための記憶 」が

 

いま

またもういちど

 

すこやかに、わが子を守り育みだそうと反応してくれたことが

 

 

必死で子育てを駆け抜けてきた

2歳差3人育児のなかでの子どもたちの

 

小さかった頃の日々が

 

ひとつひとつ

蘇ってくる。

 

 

 

産後からいま

 

添い乳をしながら

ママもぐっすりと眠れる夜。

 

 

でもそれは

 

はじめての赤ちゃんのとき

 

添い乳ができなくて

夜中に

何度も何度も起きては、おっぱいをあげて

寝不足で、クタクタになっていた

 

あのころの“ わたし ”が

必死で練習をして

 

身につけてきた、母のワザのひとつでもあり。

 

 

 

何度も練習をして

 

添い乳を覚えて

ようやく眠れるようになったこと。

 

 

あのときの

自分のおかげで

 

いまの子育てのしやすさ、

いまの自分自身の、すこやかさな産後があるんだと。

 

自分のしてきたこと

カラダが覚えていてくれることが

 

やっぱり、命をまえにしたときに、命を守るために、活きてくれる。

 

 

 

はじめての赤ちゃんのとき

まだ首の据わらない赤ちゃんをまえに

 

ベビーキャリングという概念から

( 赤ちゃんを運ぶ )

 

ベビーウェアリングという概念へ

( 赤ちゃんを身にまとう )

 

8年前

赤ちゃんの子育ての在り方を

自分なりに一生懸命

模索していたころ

 

スリングを買って

何度もスリングの使い方を練習した日々があったことが

記憶の片隅から蘇ってきた。

 

8年前の、長女が0歳のころ。

わたしにとっての、はじめての赤ちゃん。 

 

スリングを必死で練習して、やっとできた↑ これはコアラ抱っこ。

 

 

キュットミー! しじら織り さくら 本体:綿100% CM-90-F-S170
11,880円
Amazon

 

いま

もう、あのころ使っていたスリングはないけれど

( 北極しろくま堂のキュットミー )

 

きのう

新しくスリングを買ってみた。

ベビースリング スリング しじら しじら織り だっこ紐 ファムベリー 出産祝い 抱っこひも 新...
8,580円
Amazon

 

 

カラダがすっと

スリングの使い方を、まだ覚えていてくれて

 

いま

4人目のわが子を

もういちど、スリングで抱っこすることができたのでした。

 

 

 

 

頭では

すべて忘れてしまっているのに

 

いま

無意識にも

 

このカラダにちゃんと

すべての「 子育ての記憶 」がのこっていて

 

子育てのいろいろが

いま、とてもスムーズで。

 

 

 

ママの自分の【 中庸さ 】のすこやかさのうえで

ママの自分の【 カラダに宿る子育ての感覚 】に

 

 

今日も

救われながら

 

 

赤ちゃんのいる

4人のわが子たちのいる日々を

 

1日1日

ありがたく

 

心からの感謝がいっぱいのなかで

過ごしている

 

産後1週間めの

芳恵ママでした。

 

 

 

今日も

 すべてのママと子どもたちが

 笑顔いっぱい、元氣いっぱいでありますように―☆*・。

 

。・*★―命の本質を尊重する医道―★*・。

。・*♡食医ママサロン♡*・。

 

◇関連記事

乳がんの原因と治し方☆【 がん体質にさようなら 】

健康はベース。そこからの生命を謳歌することが人生【 ベースを築く食医ママ 】

 

 

  • 170
  • コメントコメントしよう
  • リブログリブログしよう

最近の画像つき記事

最近の画像つき記事がありませんでした。
画像をもっと見る

総合ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

人気トピックス

データが取得できませんでした。

急上昇ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

新登場ランキング

データの取得に失敗しました。

ランキングをもっとみる

データが取得できませんでした。