人に言えない「生理前・生理中のつらい・しんどい」が楽になる♪めぐみの簡単おうちケア


排卵日のころにわきの下が痛くなります

テーマ: 生理と体調不良・月経前症候群(PMS)

保健師のめぐみです。



「生理前からわきの下のリンパが痛くなります。」の記事で
わきの下の痛みをやわらげる肩こりのケアを書いたところ
読んでくださった方からご質問をいただきました。




「排卵日のころにわきの下が痛くなるんですが
排卵日のころにもこのケアをやってもいいですか?





どうぞどうぞやってみてください♪




排卵日のころは、女性ホルモンの量が多くなっていて
その影響で胸もはりやすいですし
一緒にわきの下も痛くなりやすいです。



この時期にストレスや疲労、寝不足があると
わきの下も痛くなりやすいんです。



痛みは、プロスタグランジンという物質が体内に出ることで
「痛いなぁ」と感じます。



なぜ「痛みを感じる」プロスタグランジンが出るのかいうと…



プロスタグランジンは血のめぐりが悪くなったときに
血の流れをよくしようとして
体の中で出てくる物質なんです。


つまり、「痛みを感じる」プロスタグランジンは
血のめぐりが悪くなければ出てこないので
痛みも起きなくなってくるんです。



痛みは、体からの「血のめぐりが悪くなっているよ~」というメッセージなんです。




わきの下が痛むのは女性ホルモンの影響ですが
血のめぐりをよくしてあげると痛みも起きなくなってきます。



あたためてあげたり
もみもみしてあげるのもよいケアになります。


今回は、わきの下の痛みのケアとして
わきの下つまみをお伝えしましょう。



わきの下のお肉を「気持ちいい♪」強さでつまんでのびのび~っと4~5か所を伸ばす




これだけです。


あくまでも「気持ちいい♪」強さでやってください。


「ぎゅうぎゅう」力強くもむと
かえって血管を圧迫して血のめぐりが悪くなるからです。



左右で3回くらいやってみましょう。


テレビを見ながらでもできます♪



排卵日頃や生理のときに肩こりも起きやすいときは


「生理前からわきの下のリンパが痛くなります。」の記事の肩こりケアもしてみてください。



わきの下の痛みがなくなって「うれしい~~♪」と
あなたが笑顔になれますように。




めぐみ